mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

ホリディ。

コメントする

はたさんとまたまた映画を観に行ってきた。
今日は、毎月1日の1,000円デー。しかも子供たちの春休み中で最後の日曜日だから、きっと混むはず!と思い、初回10:20の回を目指してイオンに行ったんだけど、すでに駐車場が混んでいて、見つかったものの入り口まで3分は歩く距離だった。
 
建物に入って、チケット売り場で唖然。
 
どこからこんなに子供と家族連れが・・・というくらい、うじゃうじゃ並んでいた!しかも今日はドラえもんが朝9:10の回だったのにも限らず、満席だったらしい。
バッテリーも満席になり、朝からラブコメディを見るなんてそうそういないだろうって高をくくっていたから、この期に及んで満席になったらどうしよう・・・と思った。
 
運よくチケットゲットしたけれど、すでに会場はいっぱいになっていた。
 
あー・・・何だかこの間の「7月24日のクリスマス通り」にもチラホラ出たけど、胸を突くコメントというのは、「あー!!」って矢ガモになる。
自分に振り向いてくれない男を好きになる、彼女がいても言い寄られたらまた想いがよみがえって失敗してまた苦しむ・・・誕生日直前にフラれたとか、最後に会った日に「実は彼女がいたんだ」という事実を言われたり、思えば私もいろいろと苦労はしているなぁ。
 
でも映画はやっぱりハッピーエンドになるから好き。
これを見れば、男よりも女が「恋愛処理能力」が高いっていうことがわかったし、潔さも女がカッコいい。
 
日差しが強いアマンダの家はモノトーンの家具が多くて、豪邸にしてはすっきりさっぱり、生活感がない。
一方で、草原に囲まれて自然いっぱいのアイリスの家は、コッツウォルズ独特のスタイルである、家に「名前」があるような、メルヘンチックなかわいらしい家具が多い。
私が勝手にプロファイリングをすると、アマンダは火の星座。直情的で、曲がったことが嫌い。がんばりやさん。アイリスは水の星座。誰にでも合わせてしまうがために、自分が振り回される。受身型。
私は、アイリス的だと思うんだけど・・・。
 
実際にあるわけないと思うストーリー展開でも、実際にネット上に「ホームエクスチェンジ」というサイトがあることを発見!!
会員制だから、年会費を支払うと、世界中どこでもホームエクスチェンジができるというわけ。
・・・あら、これは私も1人暮らしをしようかな♪
 
ジェームスボンドでも出てきたけど、イギリス万歳!
アイリスの家にあった、電気ポット、牛乳ボトル、私がステイしたホストファミリーの家にもあった。
Houses of Parliment の横は、ライトアップがきれいで私も感激した記憶がある。
 
恋愛に過剰な夢が膨らむのはこういう映画がもたらす、余計な!?効果だけど、逆に「恋っていいな」とも思わされた。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中