mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

タロットカード殺人事件。

コメントする

好きなタロットカードに、イギリスが舞台。そして、スカーレット ヨハンソンにヒュー ジャックマンとくれば私好みの映画要素なのに、あぁ~、実に残念でした。
ウッディ アレンの個性に全てがかき消されてしまったみたい!
 
ウッディ アレンの作品を最初から最後まで見るのは初めてだったんだけど、役どころかそうなのか、もともとそういう性格なのかとにかく「興奮したおじいちゃんが話す言い方」が続いて、もどかしくて最後後半はややイライラ。そんな状態でも笑えるはたさんて、すごい・・・と思ったのもありますが、ヒュー ジャックマンは本当にカッコいい。
イギリス庭園で、ショパールのブレスレットを渡されてしまったら、そりゃぁ「はにゃーん」となりますって。
 
タロットカード殺人事件にしては、金田一少年の事件簿に出てくるタロットカード殺人事件のほうが、よっぽど手の込んだトリックでミステリー。
2時間ドラマ好きとしては、こっちのほうがよっぽど好き。
 
映画のように貴族の御曹司と出会うためには、貴族の女の子とどこかでお友達になって紹介してもらうしかない!!
めざせ、避暑地!リゾート!!アイランド!!!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中