mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

セックス・アンド・ザ・シティ。

コメントする

2週続けて土曜日が仕事でつぶれちゃったので、今週月曜日、2時間代休を取って、映画を観に行ってきました。
 
それも「セックス・アンド・ザ・シティ」!
テレビシリーズをほとんど見たことがなく(継続的にドラマを連続で見るのが苦手)、昨今の雑誌特集でさらりと登場人物4人を予習したくらいの知識だけで観たけれど、何だかずいぶん元気にさせてくれる映画でした。
本当にドラマのような映画で、CGはなく、ニューヨークのあちこちのレストランやブティック、ファッション旋風を巻き起こすくらいのトレンド感は、流行に敏感で、ブランドものが欲しい女の子なら誰でも見たくなるはず~・・・ブランドを買うお金はないけど。
しかも、この女性4人組の個性的なキャラクターとそれをとりまく家庭環境、さらにニューヨークでの生活をおしゃれとともに楽しみながら、幸せを手に入れるため、維持するための奮闘ぶりが隠すところなく、開けっぴろげにガールズトークで展開されるあたりが、世界中でヒットする理由なんだわ!今更ながら感動。
恋の形は世界中にいろいろあって、人には言えない恋でも、世界中で同じように共感してくれる人たちがオンタイムでいることが、この映画の醍醐味みたい。
ちょっと現実的に考えると、彼女達はニューヨークに住めるくらいの「勝ち組」でそれなりの収入があって、親友もいる・・・そこで既に非現実的なんだけど。
私の場合は・・・1人暮らしするには収入が足りない。でも車は手放したくない。英会話もやめたくない。海外旅行も行きたい。親友と呼べる人が近くにいる。・・・だから実家暮らしで満足です。
下宿料も毎月払ってるし、車も貸したり、家事労働したり、父の話し相手になったり!?、家族みんな相利共生なので、誰か欠けると軌道に乗せるまでやや苦労が。
だから大勢の家族って、最近好きなんだけど。
ま、何はともかく、私も映画のように結婚式で相手にドタキャンされたくないです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中