mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

男鹿和雄展。

コメントする

仕事だった昨日、今日は代休をとってのんびり・・・過ごす予定が、男鹿和雄展にはたさんと行って来ました。
男鹿和雄展の情報を入手してから、前売り券を事前に買って、行く気満々でわくわくしていたのに、やっと行けたのが会期も後半になってから。
 
既に行った母の情報をもとに、会場に向かったのだけど、駐車場は結構埋まっていて、やっと停められた状態。
お昼に着いたのもちょっと遅かったんだけどね。
おかしい・・・今日は月曜日で平日なのに・・・無料駐車場だから武家屋敷の紅葉を見にきた人たち!?・・・なんて想像しながら入ったら!
どこからこんなにわいてきたのか、うじゃうじゃ人がいるー!!
 
平福百穂記念館に入って、スタンプ帳をもらって、スタンプ押して、すぐ目に入った「となりのトトロ おりがみ講座」に参加。
はっきり言って、トトロの折り方考えた人は素晴らしい!
紙1枚から、1つの生き物を作り上げるのはなんて難しいんだろう。
15分ほどかかりました。
目と口、ひげを入れて私のオレンジのトトロ、完成したんけど、なんだかずいぶん私に似ているような・・・。
 
その私が作ったトトロと絵を合わせて写真を撮ったり、大きなさつきとメイの家の絵の前で写真撮ったりしてから中に入ると、そこには大なり小なりの彼の作品がずらり。
はだしのゲンや幻魔大戦、そしてとなりのトトロ、魔女の宅急便、紅の豚、おもひでぽろぽろ、耳をすませば、猫の恩返し、もののけ姫、千と千尋の神隠し、ハウルの動く城、ゲド戦記(ちょっと)、崖の上のポニョそして+α。
単純な背景画、背景画+セル画などを見て、そのときのストーリーを思い出し、しばし陶酔。
 
どれが1番好きかというと難しいんだよね・・・。
ここではあえてランク付けはしません。
 
背景画をどのように描くか再現VTRを22分見たら、たった1枚の絵を描くのに、11時間もかかるなんて!
ばやっと大まかに描いて、立体感を重ねながら描いていく・・・水彩画の世界ってすごい。
 
ミュージアムショップには、大量買いする人が続出。
まぁ、私は3年前に三鷹の森ジブリミュージアムに行ったときに、大量買いしちゃったので、今回はさらっと見る程度でしたが、気持ちわかりますな~。
 
見終わった後、庁舎と駅、観光センターを回り、スタンプを5個集めたので、今週別件で角館に行く母に記念品を引き換えてきてもらいます♪
代休のつもりが・・・あまりゆっくり休めなかったなー。
あさって締め切りの事業の申し込み状況が気になって、気分的にも先週からあんまり落ち着かないし。
 
果報は寝て待っててくるものかなー。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中