mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

アーノルドホリックと喜怒哀楽MAXデー。

コメントする

アーノルドホリック。
またまた出ました私の造語。
アーノルドとは、私の英会話の先生。
東京の本部から来ている、Teacher of teachers です。
教え方がスパルタで、予習する単語の量がかなり多いんだけど、
論理的でわかりやすく、私たちが言おうとしているものを汲み取る先見性がとにかく鋭い。
 
最近、アーノルドの一挙手一投足、上から下まで、右から左まで、
興味津々のまなざしです。
 
昨日、英会話が終わった後、
"Can I ask some questions?”と切り出し、My Teacherのアーノルドに
アメリカの結婚式に出席したことあるの?どんな感じ?何か持っていくものは?マナーは?と
質問攻めにしました。
 
そうしたら、彼はご丁寧に、ホワイトボードにあれやこれやと書いてくれるではありませんか!
教室を出た後も、日本らしい、それも伝統的なものだったら喜ばれるよ、着物着たらすぐにみんなと仲良くなれるよ、
サウスカロライナは伝統的にリッチな人たちが多くて、男の人はカッコイイし、女の人はすごくキレイって。
ノースウエスト航空を使ったほうが安いかも、着物について詳しい京都出身の友人がいるから聞いてみるよ・・・。
アーノルドを独占すること20分。
"Please feel free to ask.Don’t be shy”と彼の姿勢に感謝です。本当に彼はdependable。
でもね、"You’re crazy though"と笑うのはいただけないわよー!!
 
そのほかにもいろいろと話してくれました。
これまでに行った地方の学校は、恥ずかしがる人が多く静かなクラスになりがちで、
アーノルドのような″繋ぎ役″は、いくら本部の先生だからと言っても本当に大変なんだって。
でも、私の行っている学校は、みんなフレンドリーで明るくって、すごく楽しいって。
彼自身も本当にこんなに充実したものになると思っていなくて、
夏に竿灯を見に、サーフィンしに、冬にスノーボードしに来るって。
″Keep in touch"とウィンク。
ま、それ自体は昔の研修員からずーっと慣れてるんだけど、
アーノルドのウィンクって本当にチャーミングよ。
ルイスやハビエルを思い出します。
元気かなぁ、彼らは。
 
そんな昨日でしたが、
今日は、朝からきょんちゃんの帰国見送りで空港で切なくなりました。
その後こーきさん、せーこさん、はたさんとでイオンでお昼ご飯を食べ、
さらにデザートのサーティワンのクレープをおごっていただき、
いざ、サティの手相占いに出掛けました。
サティ誕生祭での企画モノで、1,050円だったんだけど、
これは・・・またちょっとショックなコメントが。
 
「運命線」が薄いようなの、私。
日々の生活に満足していない、充実していないと線自体薄かったり、短かったりするんだけど、
仕事や恋愛などなど、目標を失ってしまっている状態でもあるんだって。
はたさんには、くっきりはっきり・・・。
家に帰って、母のも弟のも見たけど、私が1番薄い。
あー、私このままどーなるんだろー・・・。
 
さらに私は見た目とは裏腹に総じて保守的だけど、趣味を通じて友人を増やし、
少しずつ交友関係を広げてみたほうがいいとのこと。
恋愛相談も積極的に友達にしてみるといいですよ、とも←およよ。
29歳から運勢が上昇しているので、32~33歳あたりには、このままいくと結婚していますよって。
そんな心当たりのある人、周りに誰もいないんですけど。
 
「23歳、26歳で恋愛面で何か変化ありましたねー」と言い当てられた時にはどうしようかと思いました。
この占い師さんの言うことはもしかして当たってる!?と。
好きな人ができた、付き合っている人がいた、別れたという年齢がそれです。
29歳は、アメリカに行った年齢で、仕事面では助成金申請の文書が通ったという達成感はいっぱいだったけど、
特段何もなかったな~。
 
若美の占いで言われたことと、結婚時期についてはかぶるので、これは本当にそうなのかも、と信じたいなあ。
 
そして予習を済ませて、自転車で大急ぎで行くと、駐車場近くでよーこさんに遭遇。
簡単に「じゃあ、またねー」と軽く挨拶し、教室に向かってまっしぐらに走りました。
今日は人数が多かったので、グループディスカッション、楽しかったです。
新しい人が入ったんだけど、専門学校卒業で留学経験がないのに、流暢な発音でとってもかわいいの!
まだ20歳という若さ、うらやましいです。
 
いつも同じクラスで受けていたのりこさんと英会話以外で話すことがあって、
いろいろ話すと、彼女はなんと2時間もかけてこっちまで通ってきているそう。
両親がこっちに住んでいるということは、仕事の関係で遠いところに住んでいるのかな?
それに私より1歳年上で、仕事もちょっとかぶる!
その場にはいなかったけど、クラスメイトのいくこさんは何と私より2歳年下。
毎回しっかり予習してきていて、いつも関心するばかりなんだけど、みんな若いなぁというため息再び。
 
そこへ!
再びアーノルド登場。
新しい人と一緒にみんなで話した後、
私はカウンターでみゆきさんから、彼が調べてくれたペーパーをもらいました。
それもウェディングマナーのしてもいいこと、やっちゃいけないことベスト20。
短文で書いてあるんだけど、割りと多いよーと、みゆきさんと話していたら、
外の片づけを終えた彼が帰ってきたので、ついでに彼の手相も見せていただきました。
 
うらやましいの一言です。
両手にはっきりくっきり、太い運命線が真ん中にどーんとありました。
だから自信に満ち溢れているんだ・・・とも納得させられたりしました。
 
ボニーさんの結婚式の件で、
今日の見送りで会った武藤さんにも聞いてみたところ、
やっぱり長期休暇は難しいようなので、プレゼントを私が承っていくことになりそうです。
それを鑑みると、やっぱり嘱託職員という立場を利用して、私は長い休みを取らないわけにはいかないでしょう!
 
母とも話して、我が家からはおそらく
母と私、バイトの兼ね合いでは弟が行けるか行けないかというところです。
父は立場上、武藤さんと同じ理由で難しいみたい。
 
 
何だか今日は盛りだくさんな1日になりました。
アーノルドに関しては、「猫にまたたび」状態で、いわゆるはにゃーん☆となっているので、
私の年上あこがれ路線にうまくマッチしている状態のようです。
これがうまい具合に作用すると、学業奨学生になった時のように、
何かしらいい結果がもたらされます。
 
がんばろうっと!
 
いやー、でもアーノルド、カッコイイよね、せーこさん♪
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中