mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

It’s a kind of empty feeling.

コメントする

ルパン三世の「カリオストロの城」で、最後に銭形警部がクラリスに言うセリフ、
「(盗んだものは)あなたの心です」とあります。
そこで、クラリスはぱーっと明るい笑顔になって「はい」と言うんだけど、
私にはアーノルドに心盗まれて、明るい笑顔で「はい」なんて言えません。
だって、そこまで吹っ切れないんだもん。
 
昨日・今日と英会話があり、いつものように予習しようとするものの、
集中力が、やる気が、全然なくなってしまっているみたい。
アーノルドにほめてもらいたい、認めてもらいたいと、どれだけがんばっていたのか
痛感した2日間でした。
心にぽっかり穴が開いたようで、ね。
 
そしてこの一連の流れを知るみゆきさんとゆう先生、この間一緒に飲んだ男の人に
「連絡くるよ、きっと。夏に来るって言ってたじゃない!」、「あなたのその言った行動が良かったんだよ」ってなぐさめられました。
「肌がきれいなのは、やっぱり恋してるからなのねー☆」だって。
マネージャーのめぐみさんに久しぶりに会ったので、忙しそうだったのに、
時間をとってもらってアーノルドの件を話しました。
マネージャーとして言いづらいことはあったようなんだけど、
(教師と生徒の関係はご法度なのはやっぱりそうよねー)
でも私の気持ちを汲んでくれて、じっくり聞いてくれました。
 
それによると、アーノルドは現在に至るまでいろいろ苦労したみたいで、
だからこそみんなに気配りできるし、知識も豊富。
イーオンの先生の中でも異色だそう。
めぐみさんはアーノルドに連絡を取る予定があるそうで、
(私に)連絡くれるように強力にプッシュしてくれるそうです。
ただ、彼の性格を考えると、連絡がこないような感じがする・・・泣きたくなっちゃうけど。
やっぱり私は1人の生徒しかないので。
 
でもでも、そこで「はい、そーですか」と割り切れないので、
彼に対するone sided love、もうしばらく続きます。
彼が目の前からいなくなって、ちょっと心の糧が小さくなったことは事実だけど、
だからってほかの人に、簡単に目が向きません。
好きになるって、そういうことよね。
 
思えばこんなに熱烈に恋するのは、大学のとき以来なんだけど、
でも、アーノルドは私史上、fabulous gentleman。
その存在自体に、巡り会えたことに、感謝です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中