mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

神様巡り in 東京。

コメントする

研修員の出迎えが24日(木)だったので、
秋分の日から前のりで東京入りしました☆
 
もちろん、しばらくお参りに行っていなかった神様詣でに行くのと、
横浜の「海のエジプト展」に行くため!
 
東京に着いたのが11時ちょっと前でしたが、
羽田空港で軽くドトールブレイクして、
まずはとにかく荷物を置きに新宿駅までまっしぐら。
 
連休最終日のお昼ということもあって、
とにかくコインロッカーを探すのが大変でした・・・どれもこれも埋まっているんだもん。
JRバス乗り場にラッキーなことに、私の荷物が入るサイズのロッカーが空いていたので、
荷物を入れて、総武線に乗って東京大神宮へ!
 
1年ぶりに行くと、秋分の日、お日柄が良かったせいか、
鳥居近くの門まで並んでる~!!
並んだの、実は3回目ですが、右も左も前も後ろも女性ばかり。
結婚式も開かれていたようで、お参りしたはいいものの、おみくじは小吉で、あまり芳しくない結果に。
 
その後、せーこさんに教えてもらった赤坂氷川神社に南北線で向かいました。
出口3番から出たのはいいものの、それから先の行き方がとっても不親切!
あまりメジャーでないということ、近くにアメリカ大使館職員官舎があることから、
神社のサイトに載っていた大まか過ぎる地図を片手に、神社にあるはずの「森」を目指して向かいました。
 
私って、天才!?いや、神様のお導き!?
迷うことなく着いてしまいました。
 
鬱蒼と茂る木々のせいか、薄暗く、そして、カラスと蚊が多く、
たった10分程度の滞在で、2箇所も刺されました。
しかも腫れちゃったし、かゆいしで、思わずムヒを取り出して、塗りましたよ。
 
でも、とても静かな境内で、何だか不思議な感じでした。
東京大神宮が華美と言うなら、赤坂氷川神社は質素。
それも引いたおみくじは、東京大神宮よりも数段すばらしいお言葉が!!
第三番の 中吉に関わらず、「将来性のあるよい運です」って。
願望・・・金運・出世の兆しあり 諸事叶う 信心しなさい←ちょっと、これは将来報われるってこと?
待人・・・よき便りあり 来ます←これは、もしかして、目の前に現われるって?
恋愛・・・明るく清く誠意を尽くしなさい 慶びを授かります←清く誠意を尽くすのって・・・努力します
就職・・・引き立てにより成就する←これは、願ってもない!
 
ルンルン気分で後にしたことは、言うまでもありません。
 
今度は新宿に戻って、私の好きな新宿タカシマヤで、アユーラのビカッサカウンセリングを受けました。
腕にマッサージオイルを塗りながらマッサージして、木製のビカッサプレートのすべり具合で、カウンセリングするというもの。
腕の内側・外側それぞれ3回滑らせたのですが、疲労とストレスが溜まっているよう。
心肺機能は大丈夫だったんだけど・・・。
対応してくれた店員さんがすごく良い人で、「いつもネットで買っているので・・・」と話したら、
「では、せっかくですから、お時間よろしければ・・・」と、嫌な顔しないで化粧崩れした私の顔を触ってくれたり、
新商品を説明してくれたり、とにかく私の心理カウンセラーのようで、アユーラ万歳と心で賞賛しましたよ☆
予定していたものも買ったんだけど、新商品も買っちゃいました。
「仕事で来たので、明日帰るんですよ」と言ったら、何と2日分の私の使っている化粧品のサンプル、
15袋もくれました。クレンジング、洗顔液、ふき取り化粧水、化粧水、クリーム。
こういう心遣いがあるから、寄りたくなるんだよね~。
東急ハンズに寄って、来年の手帳とカレンダーを買いました。
手帳は、カルキンが言った私と同じオーラカラーの黄色で、今使っている手帳の色違い。
カレンダーは、私の欲しい「Impression of the world」 がなかったので、こちらは衝動買い。
なんと日めくりカレンダーならぬ、「日ごとシール」なんですよ♪雑貨好きには、おそらくたまらないだろうなぁ・・・ってね。
 
新宿駅に荷物を取って、渋谷まで移動して、東急東横線に乗り換えて横浜に向かいました。
途中、特急快速に乗り換えて、横浜に着いたときは、既に17時近くでした。
それからみなとみらい線に乗り換えて、パシフィコ横浜へ。
 
まずはロッカーに荷物を預けて、
入場券2,300円を払って入場しました。
すると16時以降入場者だけに無料で配られていた、ガチャガチャのフィギュアももれずにゲットです。
会場内は思いのほか広くて、でもそれ以上に最終日だということもあって、人が多すぎて、全然進まないっ!!
それにあちらこちらで、ショートムービーが上映されていて、3分くらいなんだけど、やっぱり見入っちゃうんだよね。
本格的なエジプト展は、実は3回目なんだけど、
とにかくエジプトでは比較的「近代」の新王国時代の遺物だったので、ずいぶん親近感がありました。
太陽の神アメン・ラー神を信仰する話や、国を作ったとされるオシリス神を信仰する話は知っていたんだけど、
豊饒の神のハピを信仰する話は初めてだったから、既にその時点で、これまでのエジプト展と「違う!」と思いました。
それに、アレクサンドリアやカノープスでの繁栄は、ローマやギリシャとの交易がもたらしたものでもあり、
海の中からその証拠がザクザク!?出てきたときは、感動したんだろうなぁ・・・と思いを馳せちゃったり。
 
でも、しっかり19時には閉館するとのことだったので、超特急で回りました。
公式パンフレットが売り切れてしまっていたけど、
これは、やっぱりエジプトまで行くしかないな~・・・。
東京都美術館でトリノ・エジプト展が開催されているようだけど、
こちらは完全に行くこと自体無理。
時間もお金も、ね。
 
とても駆け足で回りましたが、疲れたには疲れたんだろうけど、
すごく充実していました。
 
おみくじの結果、良い報告になればいいけど。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中