mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

2012。

1件のコメント

代休消化の今日、仕事帰りにまもなく上映終了になる「2012」を見てきました。

自然災害モノや天変地異モノは、CGが基本なので、圧倒的な臨場感は最初から期待していました!
だって監督は、インデペンデンスデイ、ゴジラ、デイアフタートゥモローのローランド エメリッヒですもの☆

その期待どおり、圧巻でした。
地震、噴火、津波など、これまでのディザスター映画のもの全部取り込み・・・なかったのは宇宙人の攻撃と竜巻と洪水くらい!?、
さらにストーリーは、マヤ文明で「地球に何かが起きる」と言われる2012年12月21日(冬至)をベースに、
自然災害がもたらした混沌に立ち向かう人々と、「人間」がもたらした格差に立ち向かう人々との対比が、
地震や津波に襲われるスピード感に乗って展開。

ディザスター系の映画では、基本的に「~局~官」や「~学者」がよく主人公になるけど、
今回の地質学者はあくまでも脇役。
ただ、脇役好きの私としては、ジョン キューザック演じる主人公のジャクソンよりも
キウェテル イジュフォー演じる地質学者のエイドリアンの役のほうが、圧倒的にストーリーの軸として要。
いや、私の中では完全にこちらがはにゃーん☆☆☆

やっぱりね、私は昔からスーツ姿や制服姿に弱いワケ。
それに、彼のしぐさが私の片想い相手とこれまたカブるワケ。
しかもロンドナーだから、私の中でさらにランキング急上昇!

20世紀の終わりにはノストラダムスの予言もありました。
2012年は、科学的にも太陽の活動が活発になるだろうと既に分析されているので、
こんな事態にならないことを願いたいと思わされた、そんな映画でした。

それにしても、
その勢いで、ジュンク堂で本を衝動買いしてしまいました。
ananでセクシーなセミヌード姿を披露していた嵐の櫻井くん。
クレアトラベラーで美しい京都特集・・・今年の恋愛運開運スポットですもの、私にとって。
そして、東京で講座を受講した上智大学の吉田先生の英語の本。

こんな夢プランを考えてみました。
今回のananで、「男」を研究し、
吉田先生の英語の本で英語をマスターし、
片想い相手と一緒に京都ヴァカンス☆
・・・私、胸がいっぱいで死んじゃう・・・

でも、
2012年12月21日は、絶対パートナーと過ごしたい!

広告

2012。」への1件のフィードバック

  1. 2012壮大そうですね 貴女は白か黒かあるかないか女王かそうじゃないか そういう性分なのかしら???すぱっとした感じ☆でも恋愛はごにょごにょもどかしいままですね~ うふふ☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中