mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

厄払い。

コメントする

いよいよ「大厄」となった今年、この間の日曜日・・・いわゆる2月7日(日)の大安に、
ゆうちゃんと一緒に行って来ました。
 
本当は、めぐみさんと合わせて3人で行く予定だったんだけど、
1.めぐみさんが出張続きで時間を合わせることができなかった
2.旧暦のお正月前までに厄払いしたかった(私の事情)
そんな理由で行って来ました。
 
成人式もそうだったけど、厄払いもゆうちゃんと一緒に行ったことで、
今のところ知り合ってから年祝い祭りが一緒なので、
死ぬまでつきあいが続いてもらいたいものです。
 
さて、ゆうちゃんを駅の東口で拾って、
三吉神社に行きました。
ゆうちゃんは、別の意味で以前「お払い」を受けたらしく、
三吉神社社務所内をよく知っていました。
 
社務所入り口で、住所と名前と生年月日、希望する祈祷の種類!?を
記入して、御初穂料を納めました。
紅白の水引で結び切りの祝儀袋に、結局3,000円を入れました。
来年度以降の仕事が未定なので、神さまには申し訳ないけど・・・ね。

形代を渡されて、
準備ができるまで待っていた社務所奥の待合い所は、マウンテンビュー!

おそらく、快晴時には、太平山山頂にある本宮を拝めるんだろうな~と思いながら、
ゆうちゃんとこれまで会っていなかった半年をうめるべく、情報交換。
 
15:00。
 
私とゆうちゃんのほかに、2家族と男性2人組。
厄払いも誕生祝いも合格祈願も、商売繁盛も、全部祈願モノなので、
一切合切みんな「心願成就し、健やかに日々を暮らせますよう・・・」のニュアンスでの
お祓いでした。
玉串も供えて、最後に形代を笹!?に結んで終了。
床暖の入ったところに、皇居の雅楽殿にもあった同じ椅子に座って30分くらいでした。
 
神主さんから申込者1人1人(1組)におみやげを手渡され、感激して神社を後に。
お守りは好きな種類を選ぶことができたので、「ピンク」にしました。
 
ゆうちゃんが「飲みたい気分だよー。車を置いてきてもらってよい?」なんて言うので、
一旦解散して、17:00にYAYAで待ち合わせることにしました。
 
ゆうちゃんを再び駅で降ろして、家に帰って、もらったおみやげを広げてみると・・・
 
 
 
木札や神社のパンフレット(寄付のお願い)、神事についてのガイドは予想ができたものの、
まさか入浴剤とサブレが入っていたとは!
 
これで厄払いセットなのね♪
 
ゆうちゃんと合流した後、
YAYAで前菜、パスタ、サラダ、デザートも食べましたが、
デキャンタ(500ml)で白ワインを2回空け、フルボトルで赤ワインを空けました。
本当は白ワインをフルで頼みたかったんだけど、品切れだったのでした・・・。
そりゃ、結婚式2次会となればねぇ、気持ちがわからないわけでもないから。
ゆうちゃんは、昔の経験からスパークリングワインについてはかなりの知識があって
それに付随するワイン知識も豊富。
今度、お互いの誕生日の中間である「真ん中誕生日」をワイン市場でやること決定!
 
うーん、楽しみ☆
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中