mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

借りぐらしのアリエッティ。

コメントする

連休仕事だったので、
平日に連休をもらいました。

TOHOカード更新とレディースデーに合わせて、
水曜日に「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

ところが!

期待しすぎてしまったのか、何かが腑に落ちない感じでした。
「となりのトトロ」のように、思いっきりその交流を描いたわけでもなく、
かといって「ハウルの動く城」のように、思いっきりときめく恋物語を描いたわけでもなく、
「崖の上のポニョ」のように、元気あふれるファンタジーというわけでもなく、
これまでのジブリ作品には明確で強烈なテーマがあっただけに、
ちょっとメッセージ性が弱いかなぁという印象。

しかし、季節感を感じる背景画はやはりすばらしく、
また人間の家の造り、「借りぐらし」の家の造りに対するこだわりは
想像力をさらにかきたててくれるものでした。

両面テープが壁登りに使われるなんて、ピアスが壁登りに使われるなんて・・・斬新なアイディアです。

人間は、自分より小さいモノに愛情を注げる・・・と聞いたことがありますが、
やはり小さいモノにはかわいらしさを感じます。

テーマ曲はケルトの印象が強い音楽ですが、
その哀愁感が今後の「借りぐらし」をする一家の運命を表しているかのようでした。

スポンサーの影響かはたまた話題作りのためか
俳優・女優の方が声優をされることが多いようですが、
個人的にはやはりプロの「声優」方にやってもらいたいです。

私も昔ドールハウスに熱中したことがあったけど・・・
建設途中で現在休止中・・・押し入れに封印中のはず・・・あれ、どこにしまったかな?
それはともかく、また作り始めようかなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中