mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

片想い小咄。

コメントする

この「Wordpress」にブログを移行してから、
アクセス解析が簡単になりました。
故に、どのユーザーが何のキーワードを使って、
私のどのブログを読んでいるかが一目瞭然というわけです。

ここ2週間ほど、ビックリする現象が起きています。
私の片想い相手の名前で検索している「謎のReader」がいる!
しかも、名前を公表していないことにも関わらず!!
日々の喜怒哀楽をぶつけるように書いている私のブログなので、
友人・知人全てに公表しているワケではありません。
むしろ知っている人が数人くらい。
それなのに、誰よ、私の造語を知っているのは!?!?

片想い相手と言えば・・・もしかしたら、明日も書いちゃうかもしれませんが、
明日彼の誕生日なのです。
10月28日、ただし、西暦は確証がないままなんだけど、
誕生日魔の私としては悔しいところです。

今日、そんな私のところに、私の片想いを知る仙台のみゆきさんから
メールが来ました。
仕事に対する同情と英語に対する激励の言葉、
さらに送った写真に対する驚愕の言葉が並んでいました。
もちろん、私の片想いにも応援してくれるとの心強い言葉もね。

「古里は遠きにありて思うもの」と、室生犀星の言葉にありますが、
好きな人も遠くにあって、手が届かないほうが、自分の気持ちを知り、
好きな人のコトを考えやすいのかなぁ、と思ったりしています。

元彼のときのように、やっぱり好きになった相手から
面と向かって別れの言葉を言われると、
泣いて、わめいて、寝られない状態になって、
しばらく恋なんてできないだろうけど、
今の片想い相手の場合は、面と向かって言われたとしても、
きっと冷静に受け入れられると思うの。

だって、想いが通じているかどうかもわからない、一方的な片想いwith遠距離ですもの。

頭のどこかで「無理」と割り切っているところ、
心のどこかで「期待」しているところ、
・・・32にもなって、何をやっているんだ!?と時々思ったりします。

昔から、「恋とバカに付ける薬はない」と言われているのも
わかるような気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中