mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

今年唯一多かったこと 2010。

コメントする

年次休暇はありません。
シフト勤務で、日によっては夜勤もあります。
交通費が定額なので、毎月交通費が赤字です。
時給制なので、シフト日数が少なければ当然収入も少ないです・・・。
だんまりせざるを得ない環境も、自分の性格を考えるとずいぶん酷です。

自分が選択したとは言っても、かなり割りの悪い派遣です。

職場の唯一の救いは、いろいろな人と出会えることでした。
それは、今日も!

今年を振り返るにはまだ早いですが、
今年1年ほど、間近で有名人を見た年はありません!

9月の松井秀喜選手に加え、
今日は、はなわ(さん付けにすると何か変な感じがしたので・・・敬称省略で)に続き、
榊原郁恵さんに小川菜摘さんに、松本伊代さん!
目の前を通って行きました、それも1メートル前を・・・。
特に、榊原郁恵さんは「これはいただいでもよろしいでしょうか」なんて
カウンターに座っていた私に尋ねたので、
「よろしければ、どーぞお持ち下さい」と、返しました♪

ミーハーなワタクシ、会話が成立しただけで、ドキドキしちゃいましたよ。

もともとグルメ番組で東北エリアをロケして回っている最中のようで、
なぜかうちの職場を見学がてら素通りロケみたいな、短時間での撮影でした。
しょっちゅう取材があるうちの職場では、多くの人が取材クルーに慣れっこで、
「ふーん、いつもの取材かぁ」みたいな雰囲気で、すれ違っていたんだけど、
やはり「あ、あれ、あれはもしかして!」みたいに感じた人は、
一旦建物を出て、友人と一緒に舞い戻ってきて「ほら~、そうでしょう!」みたいな
確信を得て、遠巻きに見守っている状態になっていました。

有名人を間近で4人も会った年なんて、これまでありません!?
・・・いや、それは訂正。
1991年に、当時世界ランキング1位の卓球界のスター、
ワルドナーから握手とサインをもらったことも、
世界ランキング2位のパーソンから握手してもらったことも、
ダブルス1位のフォンシェーレとカールソンから握手とサインもらったこともあったなぁ。
弟はサインに興奮していたのに、私は英語が通じたことに興奮したことを覚えています。
そんなわけで、確かそのサインは弟にあげた記憶が・・・。

失うものが多かった今年、数えれば少ないけど、
これまでしばらく経験していなかったor初めて経験したこと、
確実にあるんだもんね。

セレンディピティ、少しはあったかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中