mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

今週のananと私。

コメントする

良く言えば大人になった、悪く言えばケチになった、ということなのですが、
雑誌は特に立ち読みyear!

そんな私が、ananの「叶わぬ恋」の特集につられて、即買い。

決して叶わぬ恋をしているわけでは、ないです。
いや、傍目から見れば「叶わぬ」と思っているかもしれません。
進展もなければ、後退もなく、どっちつかずの宙ぶらりん。
恋よりも今は、来年の就職のことで頭が一杯だから、優先順位も低い。

それでも、彼・・・私の片想い相手を考えると、はにゃーんとなっちゃう☆☆☆

手に入れられないからなのか、
遠くにあるからなのか、
現実が見えていないからなのか・・・
考えられる理由は、全てに該当するからだと思うんだけど、
彼以上の素敵なgentlemanに未だかつて会ったことがない。
だから片想い歴2年なんですけど☆

過去のブログ記事と重なりますが、
あまりいい出会いではなかったんだよね。
彼は、臨時で本部からやってきた先生。
当時、少人数のクラスだったから、すぐに当てられるわ、宿題は難しいわで、
印象悪かったの。
ところが、あるときクラスメイトが残業やら出張やらで、誰も来なくて
プライベートレッスン状態になってしまいまいました。
そのときのテーマが「Art」。
美術にはそれなりに知識があったから楽しかったというのもあったけど、
見た目とは裏腹の!?彼の美術の知識に感動。
彼が先生だったから、1-3まで彼が話せば、4-7まで私が話し、8が彼、9-10は私・・・と
いうような流れで会話が成立していたワケ in English。
・・・それが、恋に「落ちた」瞬間でした。
本当に落ちちゃったのよ、ぶつかったんじゃなくて、
予想外のところに落とし穴があった!というような感じ。

ananには、私のように片想い歴長い人もいれば(←私より長い人もいた!)
思い切って長い春にピリオドを打ってハッピーエンドになった人、
玉砕したけどあきらめきれずネバーギブアップ精神で勝ち取った人、
不倫から略奪結婚成功した人など、
人の数だけ恋愛の数もあることを証明する、数々のエピソードがてんこ盛り。

「あの人、かっこいいよね」や「あの人、タイプなの~」は、これまで数え切れないくらい
ありましたが、
「はにゃーん☆☆☆」となったことがないの。
ところが今の片想い相手には、眠れない、話すとドキドキする、何も言えなくなっちゃう、とか、
女子高校生が話題に花を咲かせるような、そんな事態だったワケ。
最近遭遇していないので、次に会った時はっきりすると思うけど、
兎に角ネコにマタタビ状態で、はにゃーん☆☆☆だったの。

外国人で、遠距離で、しかも連絡先も教えてくれなかった彼。
でも、10歳近く年上なこともあり(推定)、知識も経験も豊富。
あの目に見つめられると、どきゅーん☆☆☆です。

想い出と想像をくっつけて、美化ストーリー気味なのですが、
そんな恋に恋して、3か月後には33歳です、私。
こんなとき、タイムマシンに乗って、10年後に行ってみたいものです。

では、仕事に行ってきます~♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中