mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

ハラハラサムライブルー。

コメントする

昨夜のサッカーのアジアカップ、
ここ数年味わっていなかったハラハラ感いっぱいでした。

チャットとメール送受信に夢中になって、
試合開始を忘れてしまっていた私。
慌ててテレビをつけると、既に試合は前半30分が経過していて、
なぜか1-1になってる!!
お、おかしい・・・。

何とか同点のまま前半を終了したので、
これは「後半もやばいかも」と思い、
その間にお風呂に入りました。

そして、再びテレビをつけると後半が始まって25分経過。
いつの間にか、退場処分で日本が1人減になっていて、
しかも、2-2になっている!!
お、おかしい・・・。

2-1または1-0で早々に決着がつくと高を括っていた私は、
ここからがハラハラチックの連続でした。
体格がいいカタール勢。
帰化選手まで入れてチーム作りしてきた今回のホスト国。
サポーターの声に、実況の角澤さんと解説の松木さんの声が飛び、
さらには、同じ北半球の極寒を迎えている日本とは違って、
15度以上の気温に選手がみんなが汗だく。
「アラビアンナイトにしか存在しないんじゃないの!?」と、いうような
ワケノワカラナイinvisible whistleまで暗黙の了解で存在する
中東の比較的平和な国に、ここまで手こずるなんて。
パスミスが一気にカウンターで持ち込まれ、コーナーキックになっちゃったり、
ボールを持たせてドリブルされたらミドルシュートも打たれる・・・なんて光景も
後半15分チラホラあったので、まったく安心して見ていられませんでした。

ただ、
それが勝利したときの感激になり、ゲーム内容から感動を呼び、
結果的にメークドラマなんですが、ね。
思わずテレビの前で「やったー、勝った!!!」って叫んじゃったもん。
こればかりは、「やりましたよ!」なんてハニカムどころじゃありませんて。
完全に欧米系の私。

ネットでは「退場したのはどうちゃらこうちゃら」、
「決定力不足がどうちゃらこうちゃら」、と勝ったからぎりぎり及第点、というような
厳しい意見がかなりあって私はビックリ。

私のような素人からすれば、
ハラハラしたけど、これが国際試合というもので、見応えあったというのが
正直なところ。
アジアカップ初を経験するメンバーが多い若いサムライブルーは、
ザッケローニ監督の下、酷暑の中東で、「結果が求められる」状況下、
しかも過密スケジュールの中、所属が異なるメンバー同士、
結果を出すあたりはさすがプロと思わされます。

プレーでフィジカル面での立役者がいれば、
チームをつなぐメンタル面での立役者がいる・・・。
以前書いたような記憶もあるんだけど、
長谷部の存在が要になっているような気がするんだよね。
年齢的にも経験的にも。
試合終了後のあのコメントを聞いても、
浮ついたところなく冷静にコメントするあたり、カッコいいよね~☆
個人的には、声の低さにも安心しているんだけど。
彼のcaptaincy、今後も期待しています。

そうは言っても、次の試合も、きっとハラハラするんだろうなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中