mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

人生で一生忘れられない誕生日。

コメントする

先週横転する自損事故を起こして、
車もケータイも借り物生活を送っている私に、
とんでもない誕生日の出来事が起こりました。

誕生日当日の3月11日、
お昼時間に一緒のシフトだったまきさんから、
塩豆大福をいただきました。
それもすごくのびるおいしい大福だったので、
それをいただきながら、むっちゃんとゆうちゃんから
届いたメールにお返事を打っていました。
せーこさんからもグリーティングカード届いていたようなんだけど
さすがにパソコンメールをバッテリーが少ない中見る勇気もなく、
そのままにしていました。

そして15時目前の14時45分あたり、
グラグラ揺れ始め、それも1分も経たないうちに、
自動的に電源が次から次へと落ち、ブザーがけたたましく鳴り、
その後、一斉に電気が消えてしまいました。

3年前に建てられた職場の建物は、
電気がないとお手洗いも使えず、電話ももちろん使えず、
自動ドアも開かない、デジタルの世界。

そのため、派遣会社とリーダーのりかさんにメール送って、
急遽閉館にして解散になりました。

その後が大変でした。
いつものルートが土砂崩れのため、閉鎖されていて、
国道を通るハメになったのですが、信号が停電していて大渋滞。
家に帰るまで2時間かかったのですが、
どの店も真っ暗で、灯り一つなく、此の世の終わりのような雰囲気でした。
ゴーストタウンのような、アルマゲドンのような。

両親は、私が誕生日だということで、角館からこっちに来ていて、
家に着くと、昔キャンプで使ったろうそくや仏壇からのろうそくで
灯りが確保されていました。
・・・泣けそうでした。
灯油も充分あって、食料もこれまで備蓄!?手つかず!?状態になっているものもあって、
籠城には充分でした。
何てったって、水とガスが使えたので。

母が赤飯を炊いておいてくれたので、
両親と弟とでみんなでろうそくの灯りの下で食べました。
さらに、父が角館からこっちに来る途中の14時頃、
ケーキを買ったらしく、これまたろうそくの灯りの下で食べました。

ラジオで状況を聞きながら暗闇にいると、
ますます恐怖がつのり、さらに余震も続いたので、
早めにお風呂に入って、早めに寝ました。

一夜明けて、やっぱり停電。
夜中は雷が鳴り、しかも何度となく余震があって
なかなか熟睡できず、ぐったり。
でも、明るいから何となく気分が落ち着き、
一応仕事へ出掛ける準備をしていると・・・

パッ パッ パッ。

電気が点きました!!

早速充電器にケータイをさして、
半分チャージしたところで、職場に向かいました。

やっぱり、信号はところどころ停電で消えていて、
コンビニは全滅の閉店・・・でも一部入場制限付きで開店していたところもあったね。
唯一空いていたガソリンスタンドは、激混み!!

職場に着いたら、やっぱり電気が復旧していなかったので、
同じ派遣のスタッフと、職場のスタッフと話して、
今日明日お休みになりました。

気になるのは・・・
数人の友人に連絡がつかないこと。
ただ単にケータイのバッテリー切れただけだといいんだけど。
みんな無事でいて!!

世界中にこの惨状が駆けめぐったみたいで、
ボニーさんからは国際電話が、オースティンからは地震発生後1時間で
メールが、リディアやエリカ、避難所に避難している岩手のおきぬちゃんや
東京のあやちゃん、北海道のあさのさんからもメールが届きました。

私は大丈夫。
みんなありがとう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中