mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

チヂミとキッシュ。

コメントする

炭水化物好きの私。
スーパーの品薄感の中、米食中心の食事にやや飽きがきて
今日は、チヂミを作りました!

今までは「チヂミの粉」というものを買って、
それに混ぜて焼いていたんだけど、
その粉が賞味期限切れの上に、チャックの口が開いていたこともあって、
使えなかったの。

そこで、Yahooのレシピで検索したら、
「もっちりチヂミ」がヒットしたので、そのレシピに沿って作ってみました。
本当に、簡単でビックリ。
前の職場で同僚だった韓国人のきょんちゃんのお手製チヂミを
何度か食べる機会に恵まれていたこともあって、
チヂミの味を知っていたから、何となくできちゃったのです。

小麦粉、片栗粉、すりおろしたジャガイモ、塩、タマゴ、出汁(水)で、
あとはお好みの具材を入れるだけ!
仕事休みだった私と弟だけで8枚も食べちゃって、
母の分2枚も入れると、私は10枚も作っちゃったことになります。

お昼が韓国の小麦粉dishなら、
夜の料理教室は、フランスの小麦粉dish。

キッシュ ロレーヌを作りました。

先生は一応生地から作るレシピも教えてくれるんだけど、
2時間以内に作るのは難しいので、
生地は、他のクラスの生徒さんが作ってくれたものを使いました。
私たちのクラスが作った生地は、また別のクラスの時間に使われるんだけどね。

フィリングや卵液を作るのは結構簡単だったんだけど、
生地の作り方が、イマイチ理解できなかったの。
小麦粉とバターを粉のように混ぜる?
バターにさわりすぎるとバターが溶けるので、
でも、手早く混ぜます・・・・あーん、もうついて行けない・・・。
冷凍パイシートを使ってもおいしいけど、
でも「手作りが断然おいしいよ」との先生談。
・・・それはわかっているのですが・・・。
で、キッシュの生地にはバターを結構使うため、
作っている最中の温度管理がやや大変。

そんなこんなで、できあがったキッシュ。
超超超うまいっっっ!
生地がタルトのようにしっかりしているけど、パイのようにさっくりもしていて、
フィリングも洋風茶碗蒸しのようなぷるぷる感!
ワシントンD.C.のマリオットで食べたような
ドゥフィーユから買ってきたような、プロのような味。

作れるかな?いや、作ってみよう!と、考えながら歩いている最中、
前の職場の主任、ひとみさんにバッタリ会いました。
ひとみさんとは、ひとみさんのお母様のお葬式に参列した以来だったので、
いろいろ話したかったのは山々だったんだけど、
なにぶん寒かったし、月曜日なので・・・と
また連絡することにして、その場は一旦引き上げました。
ひとみさんもまた、私と同じように去年の4月に新たなスタートを切った1人。

今日は、ここ数日にない刺激的な日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中