mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

ヒューゴの秘密の発明。

コメントする

公開初日に観に行きました。
ところが自分であまり作品に納得がいかないためか、
すっきり爽快感がないためか、感想を書くにも気後れがして、
こんなタイミングに・・・。
ヒューマンドラマはやっぱり自宅のテレビでしんみり観るのがいいみたい。

パリ。
父を亡くし、叔父の仕事を代わりにやりながら、
孤独と飢えに耐えつつ、父の遺した人造人間を動くようにすることが彼の唯一の望み。
そんな中、彼の一意専心で一途な姿が出会う人々の心の封印を解いていく、
ハートウォーミングなムービー☆
少年・少女が主人公の映画の場合、
その無鉄砲さに時々イラっとして、今回のこの映画も例に漏れずそうなったけど、
どんな絶望の中でも希望を持ちながら前進すれば必ず幸せになれる、という
教科書みたいな展開が唯一の救い。

各所に出てくる緻密で精巧な仕掛けの機械や時計は、
映像の美しさ、演出の巧妙さもあり、当時のパリにいるかのごとく鮮明です。

戦争という悲劇、過去の栄光・・・。
誰もが封印した、封印せざるを得ない過去を抱え、みんな生きている。
それを解き放てるか封印したままでいるかは、
どんな人生を歩み、どんな人々と出会うかなんだろうけど、
私にはまだまだ先のようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中