mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

Casa di frutta。

コメントする

行って来ました、Casa di frutta

これまで、金曜日・土曜日の夜、予約ともに、2連敗だったので、
一緒に行ったなかちゃんから予約を取ってもらったのでした。

お店の中は、そんなに大きいわけでもなく、4人がけのテーブルが4つか5つ。
それに2人がけのテーブルが2つで、カウンターなし。

シェフが1人にホールが2人という、こじんまりしたお店の中は、
果実酒かワインのボトルがずらーっと並び、
居酒屋のボトルキープとは違った、ディスプレイの美しさが垣間見られました。

なかちゃんと行ったこともあり、
食えや飲めやの勢いになってしまったので、
19:00→23:00までいて、1人あたりのお会計が6,440円!!
1軒で6,000円越えしたの、3年ぶりくらいなんだけど、
高めの値段とはいえ、イタリアン好きな私でも、目新しい料理がちらほら。
特にフルーツと苦いサラダには、「いちご」と「パイナップル」が入っていて、
パルミジャーノのしょっぱさ加減と絶妙。
ティラミスの「染み過ぎている」コーヒースポンジも、
ふわふわカプチーノと合わせていただきました。

なかちゃんと私、2人合わせて白ワイングラス8杯、
リキュール2杯だったのですが、
どれもこれもがおいしい。
ゆうちゃんと飲む時みたいに、やはり1本頼んだほうが安かったかも・・・。

ちょっとオシャレして行けるコースメニューもいただけるイタリアン、
今まで駅前になかったから、これは穴場です。

ただ、やっぱり私のお財布状況からすれば、
ちょっと余裕があるときしか行けないけど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中