mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

弘前さくらまつり。

コメントする

出勤の可能性があったものの、予定通りお休みになった5月10日(金)、弘前に電車の旅をしてきました。
日帰り電車1人旅です。
8:46発の特急つがる1号に乗って、およそ2時間。
「さくらまつり号」と銘打った電車運行期間が既に終わったせいか、車内は割と空いていました。
メル友の彼に「行ってくるよ~」と、メールをしたら、
「弘前の七桜って知ってる?」と、返事が来て、
「夜桜お七じゃあるまいし・・・何だろう?」と、聞いたところ、
なんと、桜はたいてい1つの花芽は5つなんだけど、ごく稀に7つついているのがあるそう。
しかもそれを見つけた日の夜に見た夢は叶うという、何ともロマンチックはお話なのでした。
「見つけるのに頑張ってみよう!」と、電車を降りて、いざ弘前市内へ!

桜の開花が遅れたこともあり、桜まつり期間延長した弘前市内は、既に大渋滞とまではいかないものの、
大勢の観光客ばかりでした。
駅で振舞われていた、無料のりんごを食べて、
去年の恨みを晴らすべく、また、たくさん歩くべく、あさのさんに以前連れて行ってもらった、
弘前のフレンチレストラン、シェ モアへ。
ランチの時間帯が始まったばかりで、私の前に先客カップルが1組だけでした。
その隣の席に通され、ランチAコースを注文・・・メインはやっぱり牛ほほ肉の赤ワイン煮!!
メニューを待つ間、弘前地図を片手に、戦略を練っていたところ、
隣の先客カップルに声をかけられました・・・って、あれ外国人の男性に日本人女性!
観光?こっちも観光。どこから来たの?こっちは静岡から来たんだよ。何で来たの?電車だったのか。
近いの?電車で2時間か、悪くないね・・・との会話が続き、料理を待つ時間なんて全然苦になりませんでした。
よくよく聞いたら、男性は58歳にして、女性は37歳。
奥さんがアメリカの結婚式に行ったとき、レセプションで知り合ったんだって。
結婚してから早10年。
男性は写真家で、日本中を奥さんと一緒に旅して日本の風景を撮っているそう。
で、ネームカードをもらって、お店の外で別れました。
気軽に話すあたりがやっぱりアメリカン。
奥さんは、スラスラと同時通訳してくれていたんだけど、私がつたない英語を使えるのを知ったら、
うまくフェードアウトして、会話に一緒に入ってくれました。
「やまとなでしこを捕まえたアメリカンっているんだ!!」とビックリした瞬間でしたよ。

それから弘前城本丸!を目指して、進軍!?!?しました。
お堀の周りはすでに散り始めていて、花筏状態。
「弘前さくら祭り」は既に終わっていたものの、開花が遅れていて、会期を延長していたため、
何と本丸入園料が無料でした。
観光客もそれなりに多く、お天気がかなり良すぎたために、
弘前市民の方が、さくらの下にゴザやブルーシートを広げてお弁当食べてるの!
うらやましかったなー・・・。
七桜を探したんだけど、花が開ききってしまっていて、全然数えられず、お手上げでした。

帰りに、たまたま見つけたラグノオで、
デザートセットを注文。
本当はアップルパイが食べたかったんだけど、なかったので、
タルトタタンとコーヒーにしました。
で、驚いたのがそのサービス精神!
タルトタタンは普通のケーキサイズ、そしてコーヒーがなんとおかわり自由。
ひっきりなしに地元の人がパンを買いに来ていたので、おいしいお店だということを実感。
しかも、このラグノオは、先日のテレビのおみやげランキングで、
第8位に入った「気になるりんご」を生産しているお店だということは帰ってから知ったんだけど、
見て、食べて、話して、歩いて、五感を刺激した良い旅でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中