mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。

Wedding Lunch Party。

コメントする

前の職場つながりの慶事が続いているんだけど、
7月13日(土)は、いよいよこーきさんの結婚お祝いランチパーティでした。

私より4歳年上の彼は、私と同い年(1学年下ですが)の奥さまとめでたくゴールインしたのですが、
去年の今頃、まだ奥さまと付き合う前の彼と私は夜ご飯を一緒に食べに行ったのです。
「一寸先は光」というケースもあるんだなぁ、と感じました。

さて、そのランチパーティで、
例によって、役割分担により「司会」の大役を仰せつかったのですが、
久しぶりのこともあって、緊張しました。
しかも、事前に幹事と打ち合わせていた順番が前後してしまったことが心残り・・・。
「終わりよければ、すべてよし」ってことで、いいことにしましょう♪

会場は、これまた元同僚のお店の甜甜で開催したため、
かなり盛大な「同級会的」要素が詰まったお祝いの会になり、
食べるのにも忙しいし、話すのも忙しいし、で、(私にとっては)ずいぶん楽しい会でした。
新婚旅行はオーストリアとハンガリーということで、
撮った写真はぜーんぶ見せてくれたんだけど、やっぱり私も行きたいなぁ、と、思わせるものばかりだったなぁ。
ウィーン学友協会のコンサートホールで、生演奏を聴いてきたことは、私も超感激!!
その代わり、ザッハトルテは食べなかったみたい。

知り合って3年くらいで、付き合い始めたのが去年の12月、プロポーズしたのが今年の2月末、入籍したのが5月で、結婚したのが6月。
かみゆのときもそうだったけど、お互いいい年齢だと、進むのがあっというま!
でも、お互い結婚に向かっていたからこそ早いというものよね。

会も半ば、質問コーナーになったとき、
「mariconizeはどうなのよ?」、と、振ってきました。
そこは当然「司会権限に寄り、回答拒否します。」、と、はぐらかしたものの、
私は今、仕事も恋愛もどっちも宙ぶらりんなんだよね。
どちらも結果が出ず、焦りもあります。

来月あたりに「会いに行ってみようかなー」、と、先日メールしたところ、
「どうかなぁ。そのころは、ぐったりしていると思うよー」、と、返され、
消極的態度に、ショックを受けて3日間メールできませんでした。
過去の記憶が再びよみがえり、「振られてしまうのでは」、と。
でも、振られるなら早いほうがいいから、
やっぱり夏休みの間に会いに行こうかな、そんな思いにさせられた土曜日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中