mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

ソチオリンピック一考。

ソチオリンピックが開幕。

土曜日の仕事が休みだったため、
金曜日の深夜からほぼ明け方まで見ようと意気込みました!
ところが、キリル文字順のスタートだったため、
日本が開催国ロシアの直前の入場・・・つまり終わりから2番目。
途中、寝ちゃってました。

それでも、
オープニングセレモニーやパフォーマンスは
ロシアの高い芸術性を存分に見せつけたとの個人的な印象でした。

夏のオリンピックと異なり、出場国も開催競技も少ないんだけど
だからと言って、メダルが獲れる確率が上がるわけではないよね!

夏の競技と比べて、どれだけ冬の競技に理解を示す
企業スポンサーがいるだろう。
雪がない夏を、気温が上がる夏を、充実したトレーニングで過ごせる選手は
どれだけいるだろう。

「メダル10個以上」が目標なんですって。

かなり高いハードルにしか思えないんだけどな。
5個も取れればいいのでは、とさえ感じます。

海外の選手は、やはり本番に強いのよ。
どんなに予選が悪くても、決勝には実力をきちんと発揮するワケ。
底力というか。
練習環境は・・・どうなんだろう。
少なくても日本よりは整備されているような印象は受けるけど。

競技種目により、体格差で有利・不利がわかっていたとしても、
選手は精いっぱいベストを尽くしている姿が伝わってくる。
それなのに「メダルは~」と、
毎回毎回プレッシャーをかけるのはいかがなものかしら。

「選手育成に多額の費用をかけている」
・・・確かに、税金をかけて遠征費や練習環境の整備、
国際大会の誘致などを行っているのはわかるけど、
お金をかけたからと言って、必ず希望どおりの結果になるとは限らないんだよね。

オリンピックを見るたび、
練習どおりの結果を出すのは難しいと改めて感じます。
それだからこそ、あの「金メダル」にはやはり金以上の価値がある!

まだ始まったばかりだけど、
選手の皆さんにはぜひ普段どおりのペースで臨めるよう頑張ってほしいです。


コメントする

青春songs on the radio。

先週の金曜日、1月10日は午後出勤でした。
NHKラジオをつけながら走行中、
たまたま放送されていた番組が
平成14年から16年のヒットソングでした。

まさにその当時、
やっと仕事を覚え、担当を持たせてもらって
喜怒哀楽がたくさん詰まった時間を過ごしていたため、
どれもこれも思い出深いモノばかり。

ちなみに
森山直太朗の”さくら(独唱)”から始まり、
一青 窈の”もらい泣き”、
平井 堅の”瞳を閉じて”
平原 綾香の”Jupiter”

スラスラと歌詞が出てくるあたり、
どれだけカラオケに通って歌ったかがわかります・・・。

それを思えば、
ここ5年くらいの流行曲、歌手の移り変わりが激しくて、
ヒット曲を並べられても、3年後先、いや10年後先も
表舞台に残っている歌手はどれだけいるだろう。

しかも個人的に思うことは、
最近の曲のわざと難しくしているようなメロディーラインが
ますます印象に残らなくしている!
時代の流れなのかしら。


1件のコメント

ハリー・ポッター展と、ちょっと。

正直なところ、メル友の彼と行きたいところだったんだけど、
「見たことない!」という彼に、無理強いするのは申し訳なかったし、
土曜日も都合がつかなかったみたいだから、
私1人で、森アーツセンターギャラリーで開催中の「ハリー・ポッター展」に行って来ました。

入場する時間に合わせてチケットを買って行ったのに、さすが東京!
長蛇の列で並んでました。
14:00の入場チケットを持ち、13:45に入って、通されたのが14:15頃。
意外とすんなり入ったと思いきや!

入口が既にディズニーランドのようなテーマパークを彷彿とさせる演出!
ストーリーテラー的なお姉さんが「組み分け帽子」を使って参加者に説明する部屋。
これまでのハリー・ポッターの映像を流す部屋。
この2部屋での演出が終わってから、実際に映画で使われた小道具の展示が
ずーっと続いていました。
1つ1つ細かいほか、ハリー・ポッター展にくるくらいだから、
みんなハリー・ポッターを知っている人ばかり=見るのに時間がかかる=大渋滞。
数としてはそんなに多くないのに、人の多さに疲れてしまった感じでした。

ハリー・ポッターと賢者の石で、実際にハリーが着たセーターと
ハリー・ポッターと炎のゴブレットで、ハリーが着た衣装(上下)があったけど、
サイズがこんなに変わったのか!?!?と、驚くくらいでした。
ハーマイオニーって細かったんだ!とか、ネビルってこんなに大きかったんだ、とか。
見ている人がやっぱり同じように感じているようで、
となりのガールズも、後ろのボーイズも、
私が思っていることを代弁していました。
・・・うなずきながら見ていた私は、とってもおもしろかったんだけどね。

ミュージアムショップで売られているものは、ビックリするくらい高くて、
買ったものと言えば、カエルチョコ(500円×2個)、そして赤のパーカーかな。
グリフィンドールだったし、「セール中」の一言につられて、5600円をつかんでしまいました。
・・・家で着るならいいかな。

ホテルにチェックインしに行ったんだけど、
品川からちょっと外れた東品川。
目の前をモノレールが走り、canal viewで、シモンズ社のベッドだったこともあり、
一旦横になったら、30分くらいつぶれちゃったんだよね・・・いつのまにか。

その後彼と東京駅で待ち合わせて、
新しくなった東京駅をぐるっと回って、そのOAZOやKitteもまわり、
品川でカジュアルフレンチをいただきました・・・。
彼も今回はスパークリングワインのボトル飲みにつきあってくれて、
一緒に飲んだんだけど・・・14日(土)デートもできない状態だったので、
肝心なことを聞くに聞けず、私としては不完全燃焼でした。

実は、ハリー・ポッター展に行く前に、
恵比寿にある占いカフェに行って来ました。
結論から言うと、占い師の方は良くない。
思いっきり金の亡者の臭いがしました!
20分って言ったのに、「もう10分追加しますね」、「あと10分追加します」と、
2回追加させられて、結局30分で6300円となってしまいました。
私は自他共に認めるくらい「占い好き」で、
これまで数々占いのお店に行ったんだけど、
こんなに図々しい占い師は初めてでした。
「もう10分追加してもよろしいですか?」や「この続きはどうしますか?」と、
申込者側に提示があるべきところでは。
若美の占いのほうが、断然良心的。
あちらは手法が異なり、見えるようだからなぁ。
まだやっているんだったら、来月行ってみるか。
雑誌に取り上げられていただけに、大変がっかりしました。
足元見たのかしら。

とにかく、ハリー・ポッター展は、楽しめました。
早くUSJにできてほしいワ♡


コメントする

振りかえること1か月。

早いもので、1か月近くブログを書いていませんでした。
その間、何をしていたのかと言うと・・・

1.終戦のエンペラーを観に行った
2.熱海の伯父さんがお盆に来た
3.おとみとわらび座花火大会を観に行った
4.きもとさんと渡露前の晩さん会をした
5.携帯電話をXperia A SO-04eに変えた
6.職場の女の子と出雲旅行に行ってきた
7.TOTOで560円当選した
8.行きつけの眼科が閉院することを聞いて衝撃

そんなところでしょうか。

本当は、昨日休みだったのですが、
職場でトラブルがあり、急遽出勤。
先月はシフトの関係で、半分休みだったので(時給制なのでもちろん無給)
今月は「いくらでも働ける!」と、いう感じです。
いや、正しく言うならば、「お金を稼がないと生活できない」ということです。

ガソリン代は下がらないし、
食料品も下がらない。
年齢とともに医療機関を受診する機会が増えてきたので、
冠婚葬祭のようなイベント用にもそうだけど、
自分自身のために、いろいろ貯めておかなくてはならないかな、と。
今秋久しぶりに招待状が来そうな結婚式が予定されているんだけど、
晩秋から初冬の結婚式って初めてなので、
ドレス!?!?を買いそろえる必要がある感じ!?!?
来年は車検もあるしなぁ。

と、倹約志向に走るかと思いきや!
今度の金曜日に、ハリー・ポッター展を観に東京へ行って来ます。
行こうか、行くまいか迷っていたんだけど、
たまたま、「じゃらん+JALパック」がキャンペーン中につき、
10,000円オフで行けることが判明。
東京往復飛行機+都内ホテル(ビジネスだけど朝食ブッフェ付)=18,640だったかな。
安い、めちゃめちゃ安いんだよね。
駐車場料金と都内交通費を含めてもあまりどかーんと出費にならなそう。
今月休みが7日しかないので、自分応援旅行です。

そこで、メル友の彼に連絡はしたんだけど、
13日の夜ご飯を行けそうだとして、14日は1日付き合えるかどうかは不明って。
何だかあまりすっきりとした返事が返ってこなくて、
かなりずしーんと大ショックなんだよね・・・
だって半年ぶりに会えるのに、「これって、まさか」と、不安が再びよぎります。
ただ、ちょっといろいろ彼なりに今焦りもあるようなので、
無理強いはしないことにします・・・だけど、残念だなぁ・・・いや、悲しい!
実は、彼と知り合って、先月で2年でした。
彼にとってはどうかわからないけど、
私にとっては2年も続く関係なんて初めてなんだよね。
だからこそ、もう一歩踏み込みたいけど、踏み出せない。
「ダメなら、さっさと別に行かなきゃ」との
アドバイスが四方八方から飛んでくるのですが・・・。

いろいろあり過ぎて大変な1か月だったので、今週、余裕があるかどうかは不明だけど、
書くのが遅くなったとしても、
少しずつ書いて行けたら、と、思います。

5年、10年経ったら、
これが、いい思い出になっていることを期待して♡


コメントする

八重の桜と参議院議員選挙。

昨日は、仕事が18:30に終わって、
19:10の八重の桜に間に合うように、車を飛ばしました!
参議院議員選挙のため、いつもの時間よりも繰り上げ放送なんだもん。
1週間後の再放送なんか待てないので、がんばったよ。
何と言っても、前半戦のヤマ場の終わり、「鶴ヶ城開城」だったんだもん。
ここ3週間ばかり、ティッシュ片手に八重の桜で泣かなかった日なはいんだけど、
それにしても、会津目線のドラマのため、日本の近代化に貢献したと言われる、
岩倉具視や大久保利通、西郷隆盛までがみんな憎たらしく、悪者に見えてならない。
たった150年前の話なのに、会津の人は恨み辛みもないのか、
ドラマが進めば進むほど、その歴史に起こったことが不憫でならない。
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」とは、正にこのこと。
それにしても、はるかちゃんカワイイ!
福山龍馬に続き、「山本はるか」は、これからも目が離せません。

どうなるかわからないけど、
今年の秋にでも会津あたりに行ってみようかと考え中。
去年の「平清盛」放送中に厳島に行けなかったことが悔やんでも悔やみきれない。
会津だったら、電車で何とか行けるかな。
お酒を飲みたいから、車の運転は嫌。
1人かなぁ・・・あまり歴史好きが近くにいないんだよね。
休みも合わないし。
旅館に泊まりたいけど、最近「お一人様歓迎」増えてきた旅館が、会津にもあってほしい。

参議院議員選挙、実は、今回期日前投票に行っていたのでした。
当日選挙に行っていたら、山本はるかに間に合わなかったので、
私の直感に感謝だわ。
大方の予想どおり、自民圧勝。
投票した選挙区の結果は、20時00分5秒で字幕に表れました。
選挙結果って、昔から好きで、深夜まで見るんだけど、
意外だったのは、共産票が伸びたこと。
共産主義と資本主義は対局なので、当然と言えば当然だけど、
これまでの政局構図とは明らかに異なるから、はてさてどうなるやら。

3年ごとに行われている参議院議員選挙。
3年前も契約社員で、そのときは32歳の独身でワーキングプアでした。
あれから3年。
今も契約社員で、35歳の独身でスーパーバイザーです。
これから3年後、私の生活はどうなっているんだろう。


コメントする

グランドマスター。

可もなく不可もなく、と言ったところ。
ブルース リーのカンフーの師匠のお話だったようなんだけど、
一緒に行った母なんかは、やっぱり太極拳をやっているせいか
武術の映画は何でも感激して見ていました。

トニー レオン、チャン ツィー、
そして私の好きなチャン チェンが出演しているから期待して見たんだけど
・・・何かが足りない。

確かに流派を超えたカンフーの激闘は見ごたえあり、
だけど、派閥争いとカンフーだけで、それを映画にする意味はあったのか・・・というのが
個人的な印象。

あれ、私のアクション映画基準は、もはや欧米化してしまっているのかしら。


コメントする

「俺の女になれ」。

最近、ケーブルテレビのアニマックスで「ぬらりひょんの孫」を見ています。
夜勤や遅番が終わって家に着くと見ることができる時間帯なので、先週はほぼ毎日見ました。

この「俺の女になれ」のフレーズは、ぬらりひょんの孫ではなく、
ぬらりひょんが生きた時代、京都の珱姫に対して、
「惚れた」ということを独占的意味合いを含めて強く発した言葉です。

胸がどきゅーんと撃ち抜かれました。

草食男子と叫ばれて久しいこの時代。
俺様男子がどれだけいることか・・・天然記念物級の貴重さです。

このぬらりひょん自体、鬼太郎に出てくるように顔が後ろに長い妖怪なんだけど、
アニメに出てくるぬらりひょんは、若かりしぬらりひょんだから、
長髪の眉目秀麗にして、ぬらりくらりと生き抜いている、見た目が美しいイケメン妖怪なのです。
しかも、珱姫→ぬらりひょん一目惚れ→珱姫の屋敷に通う→羽衣狐の生まれ変わりの淀殿にさらわれる→
ぬらりひょん1人で助けに行く→ぬらりひょん負けそう→仲間と一緒に羽衣狐やっつける→ハッピーエンド
典型的な胸キュンなんですな~。
声優陣の人選も花まるっっ!!
夜中にこの回見たとき、はにゃーん☆となって、なかなか寝られませんでした。

俺様男子は、典型的なツンデレ系なんだよね。
ぜひぜひ、ぬらりひょんの孫
第4、5話を見ていただきたいですよ~。
特に女子の皆さま、オススメ☆