mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

バレンタインデーのブルーベリーマフィン。

ほとんど毎日寝不足です。

もちろん、それと言うのもソチオリンピックを毎日見ているから。
メダルを取る瞬間、やっぱりLiveで見たいわけですよ。
4年後は、もしかしたらオリンピックどころじゃないかもしれないしね。

先週、ブルーベリーマフィンを焼きました。
メル友の彼に送ることを第一目標に、何を作ろうか考えていたんだけど
「ハロウィンのチョコレートをまだ食べてない」と、
11月末くらいに聞いたこともあって、
去年はフォンダンショコラだったから、
今年はチョコレート系をやめようと早々に決めていました。
そこでたどり着いたのが、クッキーかパウンドケーキ系。
甘いのがあまり得意じゃないのも知っていたから、
菓子パン系だったら、甘くてもイケるかもと、考えてマフィンにしたのでした。
・・・簡単そうだったし。

試作品が思いのほかうまくいって、
粗熱が取れるまで「まだ食べないで」と、紙を貼っていたら、
弟に「いつ食べれるの?」と、聞かれる始末。
「そうかぁ、おいしそうに見えたか~☆」と、
内心超うれしくて、まずは早速メル友の彼に送っちゃいました。
最近、仕事が忙しいようで、あまり相手にしてくれないのでね、
送ろうか、送るまいか迷ったんだけど、
やっぱり食べてもらいたかったから♡きゃーん♡♥♡
それは、2月12日(水)のお話。
素人でも作れるその秘密は、ホットケーキミックスを使うこと!
レシピにはマーガリンとあったけど、自宅にあったマーガリンでは足りなかったので、
お菓子用バターをミックスして作りました。
ブルーベリーは冷凍ものをたっぷり使用。
さらに、ヨーグルトも結構たっぷり。
脂っぽくなかったので、パクパクいけちゃったのよ、我ながら。

で、残りの材料で、13日(木)に再びマフィンを焼きました。
それも、フィギュアスケートでの男子シングルのショートプログラムが放送されている間!
だって、日本人選手が出てくるまで、長くて長くて。
でも、今度は登場したらテレビに夢中になり過ぎ、焼き色が付きすぎてしまいました。
それでも、個別に包んで、14日(金)には職場スタッフにあげました。
来年は、みんなにあげられるだろうか・・・。

一昨年、自宅のオーブンレンジの癖をつかんで、使い方をマスターしてから、
この時期必ず作るようになったお菓子。
時期を選ばず作るようになれば本物なんだけどね。

で、昨夜メル友の彼からメールが届き、今日は一日中、にやけてそう。
味の感想がなかったため、「そのまま食べたのでは!?!?」と、
メッセージに「レンチンしてね」と、書かなかったことをちょっぴり後悔したんだけど、
1週間ぶりのメールだったので、今日はうれしさに浸ることにします。


コメントする

ロシアから愛が込められて。

モスクワで日本語を教えているめぐちゃん。

私より2歳年上なんだけど、
気さく過ぎるというか、あんなこともこんなことも
ずいぶんフランクに話せる、数少ない年上の友人です。

そんなめぐちゃんが一時帰国したため、
情報交換がてら久しぶりに居酒屋、それも魚民に行って来ました。

お互い独身。
1年後の職業は未定、と、ここまでは共通なんだけど、
めぐちゃんは修士号を持っていて、
「不安」と言いつつ、既にしっかりレールを敷いているの!
モスクワでキャリアを積んで、いずれは博士課程へ進みたいと考えているようで。
私なんか、自分のレールを敷く材料さえそろわず、
いやそのレールをどこに敷くのかもわからず、
うろたえているのに・・・。
大変だということは分かっていても、
めぐちゃんの姿にうらやましいと思っちゃった。

めぐちゃんもそのあたりは読んでくれたのか
「Permanent jobをgetするため、お互いがんばろう!」と
励ましてくれました。
それに、私が先月受けた採用試験のことも話したら、
最初から面接回数を明示していないのは、
「地方出身者を採用する気がなかったんじゃない?」と言われ、
ハッと気づかされてしまいました。

私、そこまで見ていなかったかも!
「めぐちゃん、ありがとう♡」と、感じた瞬間でした。

そんなめぐちゃんから、
量り売りで買ってきてくれたロシアのチョコレート、
シベリアンオーガニックのハンドクリームをいただきました。
ナチュラシベリカという、初耳のロシアオーガニックブランドだけど、
東京の青山にも店舗があるようで、
高級なハンドクリームのようです。

何だか逆に気を遣わせてしまったみたいで申し訳ない気持ちでいっぱい。

「いつロシアに来る?」
こればかりはさすがにめぐちゃんがいる間に、ロシアに行かなくては!!

次に会うときは、レールを敷き終わってなくても、
行き先だけは決めておきたい。


コメントする

続くのは・・・どっち!?

9日(金)、みちこちゃんとあっぱれ寿司(東口)に行って来ました。
同じ市内に住んでいるのに、今年の2月を最後に会っていなかったのでした。

もともと4月誕生日の彼女のためにちょっとしたバースデープレゼントを用意していたんだけど、
渡せずにかれこれ早4か月・・・やっと渡せました。
Made in Japanのシルクのヘアターバンなんて、なかなかないでしょ!?!?
渡したのもつかの間、彼女からもらったのは・・・
エスティローダーの「ビタエンリッチ」!
エスティローダーに化粧水を買いに行くたび、これまで何度となく、さらっとおススメされてきた洗顔料。
普段使いにするには高くて、パスしてきたんだよね。
それがプレゼントでもらってしまうと、嬉しさ倍増♡

そしてお互いの近況報告。
やっぱり女子の音信不通=彼ができる、という黄金律は不変だわ。
みちこちゃん、1歳年下の彼と5月からつきあっているようです。
「まだ3か月だから、どうなるかわからないよ~」なんて言っていましたが、
私からすれば、同じ市内にいるだけで、うらやましすぎる!!
「もっとデートしなさいよ~☆」と、発破をかけました。
みちこちゃんも彼も勤務先が同じエリアのようだし、
お休みがずれているとなると、ますます・・・ねぇ。

私の方は、全然。
3月以降連絡は今も変わらず取っているけど、今月会う予定はない感じ・・・
っていうか、私が財政的に厳しいんです、今月。
ただ、来月でハリーポッター展が終了するから、観に行きたいと思っています。
一緒に行ってくれるかなぁ・・・彼はハリーポッターの映画は観たことないって言ってたし、お休みが取れるか不明だわ。
一緒に来てくれなくても、1人で行って来ます。

かみゆに続きたいのは、みちこちゃんも私も同じ。
それを前進させてくれるよう、願掛け詣でに出雲大社に参ります。

みちこちゃん、バス時間のため、21時ちょっとすぎにお開きになったんだけど、
なんと、みちこちゃん彼が白のEdixで迎えに来て、私も途中まで送ってくれたのでした!!
印象として、穏やかな優しい感じだったね。
年が近いせいか、友達みたいな感じが、和みました。
かみゆに続くのは、みちこちゃんか、私か、どっちかな。

おっと、肝心な「あっぱれ寿司」ですが、どれでも1貫で130円!
ゆえに、今まであまり食べたことがない、大トロ、中トロ、アワビ、ウニ、ボタンエビなど
高級路線から食べました。
早めに行ったので、予約なしでも入れたんだけど、
私たちが入店した後、ぞろぞろお客さんが来て、18時30分には、個室もカウンターも満席となりました。
日を変えて、また行ってみたいと思うお店でした。
隣の男性は天ぷら(かき揚げか!?)をおいしそうに食べていたし、
お味噌汁もおいしそうでした。


コメントする

名前につられて・・・失敗。

8月3日(土)は、元料理教室のメンバーの田口さんと荻原さんとで
スペインバル「YABU」に行って来ました。
地元でスペイン料理はなかなかないので、楽しみいっぱいで行ってきたんだけど、
結論からすると、いろいろな意味で残念な結果に終わってしまいました。

大通りに面していないので、立地は「隠れ家」コンセプトのようなのですが、
その分店内が狭い!狭すぎ!!

「カウンターしか空いていませんが」、との振りでも
「それでお願いします」、と事前予約して行ったけど、
カウンターとキッチンが近すぎ!
カウンターが埋まっている時は良かったものの、
カウンターの半分が開いてしまったら、ホールの下げた皿をそちらに並べてしまう始末で、
こちらの食べる気が萎えてしまいました。
事前に予約していたパエリアはおいしかったので、予約していた甲斐があったんだけどね。
さらにさらに「バル」なので、少量の料理ということは覚悟していたのですが、
「小さいのにこの値段!?」と、ビックリするものもありました。

スピカ旅行社に行って、飲み直しでした。
私は3回目だったので、値段はちょっと高めだけど
オリジナリティたっぷりの、そしてファンタジーな世界が大好きなので、
スピカ旅行社は好きで、2次会によく使わせてもらってます。
で、今回お通しで提供された「きゅうりの浅漬け」が超おいしくって、
やっぱり元料理教室のクラスメイトだけあって、みんなツボが同じだったこともあり、
店員さんに作り方をざっくり教えてもらってきました。
ごま油を使うのがコツのようでした・・・でも、塩と砂糖のバランスも・・・あれ、シンプルだけに意外と難しいかな。

帰る方向が同じだったので、
みんなでタクシー乗合で帰りました。

費用対効果は、オステリアアルカやナガアのほうが断然良いので、
やっぱりイタリアンには敵わないかな。


コメントする

いちごの木とSign。

ストレスがたまっているのか、はたまた生理前なのか、
とにかく無性に食べたくなる時期があります。

先週は、タイミングがタイミングだっただけに、
留学生のLisaさんとまきさんとで、移転したいちごの木に行って来ました。

ランチが12:00からというので、
順番が逆になったものの、最初にフルーツパフェをいただきました♪
850円の金額に驚いたんだけど、運ばれてきたパフェを見て納得。
メロン、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、いちご、キウイ(黄・緑)、ブルーベリーがトッピングされ、
中は、生クリームにバニラアイス、さらにコンポートのいちごかなぁ!?が入っていて、
食べ応え十分でした。
混む前に入ったこともまた良かったのかも。
ランチは、2種類しかなかったので、鶏もも肉のパインアップル煮のプレートランチにしました。
生野菜、ポテトサラダ、ライス、そして鶏もも肉(骨付き1本)にライスで800円!
天気も良かったし、ランチした後、どこか旅にでも行きたくなりました。

そして、先週の土曜日、15日ですが、
GAOにホッキョクグマのこぐまを母と見に行って来ました。
ミルクと名付けられたこぐまは、白くぽってりモコモコ具合がなんともいえないかわいらしさを出していて、
ずーっと見ていても飽きませんでした。
入道崎まで行って、しょっつる焼きそばをおいしく食べたのはいいんだけど、
やっぱり「食後のコーヒーが飲みたい!」と思い、知り合いから聞いていた、男鹿の「里山のカフェ ににぎ」に、スマートフォンのグーグルマップで探して行ったんだけど、
なんと、里山すぎるせいか、駐車場は満車で店内も満席!!
「せっかく来たのに~!!」と、思ったんだけど、
母曰く、
「白岩にカフェができれば、あなたも行きたいでしょ?」
・・・思いっきり納得したので、道中にコーヒーが飲めるところに針路変更。
潟上市の「ワッフルカフェ Sign」に立ち寄りました。
感覚で探していたら、曲がるところを間違ったみたいで、グルグル~。
結局、近くのデイリーの店員さんに教えてもらいました。ありがとう、店員さん!
お店に入ったのは16:00過ぎだったので、混んでいたものの、席は空いていました。
母は、クリームチーズとブルーベリーのワッフル、
私は、チョコとバナナのワッフルをオーダー。
それぞれに飲み物がついて、1000円出してお釣りがくるくらいでした。
お皿に「デザート」として提供されるワッフルを食べたのは初めてだったんだけど、
ワッフル生地自体が軽いせいか、食が進み、あっという間に完食。
母も完食してしまったので、あまりもたっと重くないようです。

来月早々、健康診断があるんだけど、体重が増えていないことを祈って!!


コメントする

キッシュとパイと。

なかちゃんが、いよいよ念願のキッシュとパイのお店をオープンしたので、
開店初日の先週の今日、出勤前に行って来ました。

新屋という土地柄、あまりなじみがなくて
一旦通り過ぎてしまったんだけど、
近くのスーパーに車を置いて、お店に入りました at 11:10!!

そうしたら、まさに「私のためだけの席」と言わんばかりの、
最後のワンテーブルが空いていました。
なかちゃんも、私が入ったのを気付いてくれて、「いらっしゃいませ」と声をかけてくれました。

早速なので、キッシュセット(800円)でベーコンのキッシュにしました。
他に2種類あったし、パイセットにしようかといろいろ迷ったんだけど。

なかちゃんが作って、パートの方がサーブする感じのこじんまりとしたお店。
木のぬくもりが伝わってくる暖色系の家具も、ちっちゃな雑貨も、すべてがカワイイ。
なかちゃんを応援する仲間の「開店おめでとうフラワー」も店内を華やかに飾っていました。

どれくらい待ったかなぁ・・・。
あまり待った印象はないの、最初にサラダが出たし。
食べ終わったようなころに、キッシュ2切れ、プチパン、ピクルス、スープがつきました。
キッシュの卵のふんわり、だけどほんのり甘く詰まっている感、
アパレイユ(外側の皮)のパリパリ感は、「パイか!?」と思わされるもので、
とても上品な家庭料理のキッシュをいただいた感じでした。
セットをオーダーすると、プラス200円で飲み物をつけられたんだけど、
あまりに混んでいたので、長居はまずかろうと帰ってきました。
他のお客さんがおやつに頼んでいた、バニラアイスとパイのプルーベリーソース添えなんて、
見た目がおいしそうで良かったな~・・・。

店内が混み合い、しかも私もやや興奮してしまったために、
写真を撮るのを忘れ、さらにショップカードもいただいてきませんでした!
これまた大変・・・。
また近々伺わなくては、宣伝できないわ。

cafe conoha、ぜひお出かけ下さい♪


コメントする

パンケーキ。

東京で食べそびれたサラベスのパンケーキ。

それ以来、パンケーキ熱が下火になってきていたワタクシでしたが、
昨日、だるま祭りもありまして、だるまを買った帰りに、
キャッスルホテルに寄り、パンケーキを食べてきたのでした。

もともと水曜日か木曜日に地元新聞にカラーで、パンケーキ4種類載っていたので、
「食べたいな」くらいだったのに、
天気も良くなり、お昼にさしかかったこともあって、
一緒に行った親友が付き合ってくれたこともあり、パンケーキを食べることに。

私が選んだのは、フルーツのパンケーキ。
ラズベリーやブルーベリー、マンゴー、パッションフルーツのソースがかかって
さらに生クリームが添えられたパンケーキだったんだけど、
甘すぎないパンケーキなのに腹もちがいい!?パンケーキで、
「また食べたい!」と思わせるシロモノでした。
1000円以下で食べられるというのもお得感があったかも。
私はさらに「桜紅茶」という飲み物もオーダー。
ちょっと背の高いガラスのコップに
八重桜と思われる桜が、ちょうどいい加減にお茶の中で立っていました。
運んできてくれたホテルのスタッフの方によると「少し甘め」とのことでしたが、
パンケーキを食べた後です、ちょうどいいくらいでした。

年から年中あるかどうかはわかりませんが、
興味のある方は是非どうぞ!
ちなみに親友の彼女は、エッグベネディクトパンケーキでした。