mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

ロシアから愛が込められて。

モスクワで日本語を教えているめぐちゃん。

私より2歳年上なんだけど、
気さく過ぎるというか、あんなこともこんなことも
ずいぶんフランクに話せる、数少ない年上の友人です。

そんなめぐちゃんが一時帰国したため、
情報交換がてら久しぶりに居酒屋、それも魚民に行って来ました。

お互い独身。
1年後の職業は未定、と、ここまでは共通なんだけど、
めぐちゃんは修士号を持っていて、
「不安」と言いつつ、既にしっかりレールを敷いているの!
モスクワでキャリアを積んで、いずれは博士課程へ進みたいと考えているようで。
私なんか、自分のレールを敷く材料さえそろわず、
いやそのレールをどこに敷くのかもわからず、
うろたえているのに・・・。
大変だということは分かっていても、
めぐちゃんの姿にうらやましいと思っちゃった。

めぐちゃんもそのあたりは読んでくれたのか
「Permanent jobをgetするため、お互いがんばろう!」と
励ましてくれました。
それに、私が先月受けた採用試験のことも話したら、
最初から面接回数を明示していないのは、
「地方出身者を採用する気がなかったんじゃない?」と言われ、
ハッと気づかされてしまいました。

私、そこまで見ていなかったかも!
「めぐちゃん、ありがとう♡」と、感じた瞬間でした。

そんなめぐちゃんから、
量り売りで買ってきてくれたロシアのチョコレート、
シベリアンオーガニックのハンドクリームをいただきました。
ナチュラシベリカという、初耳のロシアオーガニックブランドだけど、
東京の青山にも店舗があるようで、
高級なハンドクリームのようです。

何だか逆に気を遣わせてしまったみたいで申し訳ない気持ちでいっぱい。

「いつロシアに来る?」
こればかりはさすがにめぐちゃんがいる間に、ロシアに行かなくては!!

次に会うときは、レールを敷き終わってなくても、
行き先だけは決めておきたい。

広告


コメントする

Wedding Invitation。

家でのんびりできた、完全なオフの日は9月6日(金)が最後で、
東京に行ったこともあり、疲れが抜けていない状態です。
シフト勤務、それも請負業務の痛いところは、
スタッフが辞めたら、新しい人が採用されるまで
残されたスタッフで回さなければいけないところ。
現場リーダーという手前、時給がみんなより高いから仕方ないけど、
さすがに週1日しか休みがなくて、それもシフトで8:30出勤だったり、
9:30出勤だったり、13:30出勤だったり、15:00出勤だったり、
看護師や介護福祉士ばりのシフトだと、
そろそろ倒れるのも時間の問題かな~・・・って、思うんだけど
倒れないんだなぁ・・・勤務時間が短い正規職員がよく休むんだけど。
早退とか昼休みが1時間半とか。

そんな不平不満いっぱいのところへ、
前の職場で一緒だったおーみさんから結婚式の招待状が届きました。
今月中に発送するとは聞いていたんだけど、
こんなネガティブオーラいっぱいのときに届くと、
「ぱぁっ」と気分が一瞬明るくなった気がしました。
だって、結婚式の招待状を読んだのが、
シフトを終えて家に着いた25:00だったので。

うれしいことに「結婚式の出席をお願いします」、とのことだったので、
年下のおーみちゃんに、私にとって7年ぶりの結婚式参加のチャンスを
与えられたというわけです・・・アメリカの結婚式は別よ・・・。

すでに入籍はしているとのことだったんだけど、
さすがに、ダリア、きょんそん、こーきさん、おーみさんの結婚が続き、
ゆみこさん、あやちゃんの出産が続くと、
私も何かしらオメデタいことにあやかりたいんだけど、
恋愛も仕事も、私にはどっちもうまくいく自信がない。
何をやってもいまのところダメだからなぁ。
・・・泣いても解決しないけど、どうしていいのかもわからない。
はぁぁ。


コメントする

続くのは・・・どっち!?

9日(金)、みちこちゃんとあっぱれ寿司(東口)に行って来ました。
同じ市内に住んでいるのに、今年の2月を最後に会っていなかったのでした。

もともと4月誕生日の彼女のためにちょっとしたバースデープレゼントを用意していたんだけど、
渡せずにかれこれ早4か月・・・やっと渡せました。
Made in Japanのシルクのヘアターバンなんて、なかなかないでしょ!?!?
渡したのもつかの間、彼女からもらったのは・・・
エスティローダーの「ビタエンリッチ」!
エスティローダーに化粧水を買いに行くたび、これまで何度となく、さらっとおススメされてきた洗顔料。
普段使いにするには高くて、パスしてきたんだよね。
それがプレゼントでもらってしまうと、嬉しさ倍増♡

そしてお互いの近況報告。
やっぱり女子の音信不通=彼ができる、という黄金律は不変だわ。
みちこちゃん、1歳年下の彼と5月からつきあっているようです。
「まだ3か月だから、どうなるかわからないよ~」なんて言っていましたが、
私からすれば、同じ市内にいるだけで、うらやましすぎる!!
「もっとデートしなさいよ~☆」と、発破をかけました。
みちこちゃんも彼も勤務先が同じエリアのようだし、
お休みがずれているとなると、ますます・・・ねぇ。

私の方は、全然。
3月以降連絡は今も変わらず取っているけど、今月会う予定はない感じ・・・
っていうか、私が財政的に厳しいんです、今月。
ただ、来月でハリーポッター展が終了するから、観に行きたいと思っています。
一緒に行ってくれるかなぁ・・・彼はハリーポッターの映画は観たことないって言ってたし、お休みが取れるか不明だわ。
一緒に来てくれなくても、1人で行って来ます。

かみゆに続きたいのは、みちこちゃんも私も同じ。
それを前進させてくれるよう、願掛け詣でに出雲大社に参ります。

みちこちゃん、バス時間のため、21時ちょっとすぎにお開きになったんだけど、
なんと、みちこちゃん彼が白のEdixで迎えに来て、私も途中まで送ってくれたのでした!!
印象として、穏やかな優しい感じだったね。
年が近いせいか、友達みたいな感じが、和みました。
かみゆに続くのは、みちこちゃんか、私か、どっちかな。

おっと、肝心な「あっぱれ寿司」ですが、どれでも1貫で130円!
ゆえに、今まであまり食べたことがない、大トロ、中トロ、アワビ、ウニ、ボタンエビなど
高級路線から食べました。
早めに行ったので、予約なしでも入れたんだけど、
私たちが入店した後、ぞろぞろお客さんが来て、18時30分には、個室もカウンターも満席となりました。
日を変えて、また行ってみたいと思うお店でした。
隣の男性は天ぷら(かき揚げか!?)をおいしそうに食べていたし、
お味噌汁もおいしそうでした。


コメントする

キッシュとパイと。

なかちゃんが、いよいよ念願のキッシュとパイのお店をオープンしたので、
開店初日の先週の今日、出勤前に行って来ました。

新屋という土地柄、あまりなじみがなくて
一旦通り過ぎてしまったんだけど、
近くのスーパーに車を置いて、お店に入りました at 11:10!!

そうしたら、まさに「私のためだけの席」と言わんばかりの、
最後のワンテーブルが空いていました。
なかちゃんも、私が入ったのを気付いてくれて、「いらっしゃいませ」と声をかけてくれました。

早速なので、キッシュセット(800円)でベーコンのキッシュにしました。
他に2種類あったし、パイセットにしようかといろいろ迷ったんだけど。

なかちゃんが作って、パートの方がサーブする感じのこじんまりとしたお店。
木のぬくもりが伝わってくる暖色系の家具も、ちっちゃな雑貨も、すべてがカワイイ。
なかちゃんを応援する仲間の「開店おめでとうフラワー」も店内を華やかに飾っていました。

どれくらい待ったかなぁ・・・。
あまり待った印象はないの、最初にサラダが出たし。
食べ終わったようなころに、キッシュ2切れ、プチパン、ピクルス、スープがつきました。
キッシュの卵のふんわり、だけどほんのり甘く詰まっている感、
アパレイユ(外側の皮)のパリパリ感は、「パイか!?」と思わされるもので、
とても上品な家庭料理のキッシュをいただいた感じでした。
セットをオーダーすると、プラス200円で飲み物をつけられたんだけど、
あまりに混んでいたので、長居はまずかろうと帰ってきました。
他のお客さんがおやつに頼んでいた、バニラアイスとパイのプルーベリーソース添えなんて、
見た目がおいしそうで良かったな~・・・。

店内が混み合い、しかも私もやや興奮してしまったために、
写真を撮るのを忘れ、さらにショップカードもいただいてきませんでした!
これまた大変・・・。
また近々伺わなくては、宣伝できないわ。

cafe conoha、ぜひお出かけ下さい♪


コメントする

男の背中。

私はどうも昔から男の人の後ろ姿、
それも首筋から背中に惹かれる傾向があるようで、
昨日も家から徒歩8分の Cafe La Famigliaで親友とお話中、
入ってきた男の人に目が点!

スラッと身長高め・・・目測で180cmはあり、
髪がまたサラサラのショート。
黒髪あたりがまたドキュン・・・おきぬちゃんには笑われそうだ。
細すぎず・・・でもサッカー系かな・・・という、私より若い感じの男性。
よく通うみたいで、マスターと仲良くお話ししてました。
とはいえ、私も1か月に1回のペースで通っているので、もしかしたらまた会えるかも。

実はメル友の彼にドキュンとなったのは、
彼もまた首筋から背中が綺麗なんだよね。
細いの、彼は。
最近ワインとつまみを食べ過ぎて太ったとか話しているんだけどね。
しかも腕から手にかけて血管が浮きでる姿がまた惚れ惚れする~♪
ライダースーツを着てバイクに乗った姿なんて、カッコイイんです。きゃーん☆☆☆

一方で、昔ちょっとだけ付き合った彼は、背中がもの悲しさを語っていました。
そのことを話したことがあったんだけど、結果的に付き合った状態だったのは3か月。
友達以上恋人未満の付き合いになり、ちょっとトラブルがあってから、
私が距離を置くようになり、連絡があっても無視するようになり、自然消滅。

直感で、男の背中がカッコイイと思えれば、男の魅力を本能的に感じているのかも。


コメントする

メディア登場。

先週の土曜日のイベントが、昨日の地元新聞に掲載されました。
まさか私が映った写真が載ってしまうなんて!

正面からではないものの、私のつま先から頭まで
アオザイを着た姿でケニア人留学生のSusanさんにインタビューしているところが
思いっきり写ってた~。

名前が掲載されていないので、わかる人しかわからない状態です。
両親でさえ気付かないくらいだったからね。
それを一応教えると父はなぜか嬉しかったらしく、
同じ県内に住む伯母にすぐ電話したらしい。

母はよく太極拳で演武している姿が新聞だったり、テレビだったり、
映像で写るタイプ。
弟は、県内の出る試合だいたい上位常連なので、優勝とか3位とかフルネームで
活字で載るタイプ。
で、私もいよいよ新聞写真デビューができたというわけ。
他のスタッフに比べて、あまり貢献していなかったのに、
いいトコどりしたみたいで、少し後ろめたさがありますが、
花を持たせてくれたせーこさん、ありがとう♡

次にお鉢が回ってくるとは限らないけど、
次回はちゃんと台詞もしっかり用意して、
つられないようにしたいものです。
開催時期がずれるとなおいいんだけどね。

 


コメントする

民族衣装と海外旅行。

イベントが無事に終了しました。
初めてのことではないにしろ、
昔取った杵柄で面目躍如といったところです。

去年よりはいくらか改善されたものの、
日頃話す量が従来に比べて少なくなったため、
マイクで話している時も、「あれ、自分で何話しているんだろう?」と
何回か同じフレーズを繰り返している自分に気づいたんだけど、
陰のサポートもあり、無事に終了することができました。

で、いつものごとく、アオザイを着たんだけど、
7年も前に作ったアオザイと比べ、やはり2周りほど小さくなったワタクシ、
ダブダブ感が否めず、これは今後対策を考えねば、というところです。
ただ、オーダーメイドのアオザイ以上の民族衣装、
今後私が出会えるかは不透明。
ベトナムという土地柄、物価の安かったことが買ってよかった充足感に
つながったからね。

来年、ヨーロッパに行こうと考え中。
ここ数年ずっと考えてきたけど、やっぱり行きたい。
HanaやSaida,Lydiaにも会いたいし、
イギリス、いろいろな思い出の地です。
どこか回った時に、民族衣装を買ってこようかな・・・なんて
「なんちゃって」市田ひろみさん状態です。
ただ、リーダーという立場もあるし、
休みを取っている間は、無給になるので、経済的なことはやはり心配。

海外旅行に資金があるくらいなら、
結婚資金に回そうかと思っていたんだけど、
このままどうにもならない状態で、私の2大ストレス解消法の1つである
旅行ができないのはやはりイライラする元なので、
ここは思い切って行って来ようかと、大きく舵を切ります!

そこで問題なのが、どこの国に先に行こうかというところ。
・・・これが問題なんだ・・・。