mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

ホームシックと私。

10日間少年の船。
1か月ホームステイ。
1週間海外出張。
2週間研修。

家を離れることは多々あったけど、
ホームシックにならなかったのは、
帰る日時が決まっていたから。

それがどうだろう?
2週間前に契約社員とはいえ、
転職先が決まり、東京で一人暮らしするとなった途端、毎日泣き始めるようになり、現在完全にホームシック!

東京は何度も来ているし、
友人も住んでいれば、ちょっと離れたところに親戚もいる。

帰ろうと思えば、海外ではないから、頑張ろうと思えば帰れる距離なのに、この寂しさは経験した比じゃない!

ばあちゃんと同居したこと、
母さんと交代で大学病院に見舞いに付き添ったこと、
家族でアメリカ旅行したこと、
母さんと、おとみとご飯食べに行ったことなど、
社会人になってから経験したことが、
家族のありがたさ、良さを改めて再認識させて、
実家を離れるツラさを助長したのでした。
36歳にもなって、泣きながら寝てるし、今でもブログ書きながら、電車で泣いてます。

おとみは、
「時が解決する」なんて、金言を言うんだけど、うぇーん、そういうのが泣けるんだ!

寂しいし、不安。
これだから結婚できなかったんだ!と
納得できるところもあるけど、
やっぱり家が大好き☆

そんな家庭を作ってきた両親には、感謝しても感謝しきれない。


コメントする

いちごの木とSign。

ストレスがたまっているのか、はたまた生理前なのか、
とにかく無性に食べたくなる時期があります。

先週は、タイミングがタイミングだっただけに、
留学生のLisaさんとまきさんとで、移転したいちごの木に行って来ました。

ランチが12:00からというので、
順番が逆になったものの、最初にフルーツパフェをいただきました♪
850円の金額に驚いたんだけど、運ばれてきたパフェを見て納得。
メロン、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、いちご、キウイ(黄・緑)、ブルーベリーがトッピングされ、
中は、生クリームにバニラアイス、さらにコンポートのいちごかなぁ!?が入っていて、
食べ応え十分でした。
混む前に入ったこともまた良かったのかも。
ランチは、2種類しかなかったので、鶏もも肉のパインアップル煮のプレートランチにしました。
生野菜、ポテトサラダ、ライス、そして鶏もも肉(骨付き1本)にライスで800円!
天気も良かったし、ランチした後、どこか旅にでも行きたくなりました。

そして、先週の土曜日、15日ですが、
GAOにホッキョクグマのこぐまを母と見に行って来ました。
ミルクと名付けられたこぐまは、白くぽってりモコモコ具合がなんともいえないかわいらしさを出していて、
ずーっと見ていても飽きませんでした。
入道崎まで行って、しょっつる焼きそばをおいしく食べたのはいいんだけど、
やっぱり「食後のコーヒーが飲みたい!」と思い、知り合いから聞いていた、男鹿の「里山のカフェ ににぎ」に、スマートフォンのグーグルマップで探して行ったんだけど、
なんと、里山すぎるせいか、駐車場は満車で店内も満席!!
「せっかく来たのに~!!」と、思ったんだけど、
母曰く、
「白岩にカフェができれば、あなたも行きたいでしょ?」
・・・思いっきり納得したので、道中にコーヒーが飲めるところに針路変更。
潟上市の「ワッフルカフェ Sign」に立ち寄りました。
感覚で探していたら、曲がるところを間違ったみたいで、グルグル~。
結局、近くのデイリーの店員さんに教えてもらいました。ありがとう、店員さん!
お店に入ったのは16:00過ぎだったので、混んでいたものの、席は空いていました。
母は、クリームチーズとブルーベリーのワッフル、
私は、チョコとバナナのワッフルをオーダー。
それぞれに飲み物がついて、1000円出してお釣りがくるくらいでした。
お皿に「デザート」として提供されるワッフルを食べたのは初めてだったんだけど、
ワッフル生地自体が軽いせいか、食が進み、あっという間に完食。
母も完食してしまったので、あまりもたっと重くないようです。

来月早々、健康診断があるんだけど、体重が増えていないことを祈って!!


コメントする

枝豆とスイカ。

8月13日(月)~16日(木)、両親と一緒に過ごしたんだけど、
狂ったように、枝豆→スイカ→枝豆→とうもろこしのルーティーンで
野菜を食べまくるハメに。

それに加えて、ナスとトマト、キュウリにオクラ、シシトウなどなど、
エンドレスに畑から供給されてくるため、
一気にお腹が大きくなったような感じがします。

例えて言うなら、枝豆ならお盆期間中1人で一斗缶分食べた感じ。
スイカなら大玉2個分かなぁ。

実は、先週食べるペースが追いつかないのに、天気が良すぎてスイカの熟れるペースが早くて、
熟れすぎて破裂してしまい、発酵してしまったのです・・・これがまた異臭で大変だった・・・。

親心からすれば、たくさん食べさせたいんだろうけど、
こちらの胃袋は小さいままでしかも1つしかないんだよねぇ。

夏野菜で満たされた休日でしたが!
なんとこんな田舎でも、農場風カフェを発見!!
Yamanoe は、
両親の住んでいる家から、車で20分ほどなんだけど、
いきなり道路沿いにどーんと現れました。
写真の撮り方によっては、小岩井農場か北海道の農場みたいな印象。
シンプルだけど、こじんまりとしていて、食べるのが楽しくなる、そんな印象のカフェでした。

私は、ミニパフェのチョコレート 400円、
母は、期間限定のブルーベリーシェイク 450円をオーダーしたんだけど、
ブルーベリーシェイクなんて、あの量で、私が住んでいる周辺は630円はする~!!
しかも、甘すぎず、でもコクがあり、さわやかささえあるシェイクは味も文句なし。
私のオーダーしたミニパフェも、アイスが食べやすくて、私の中ではシェイク感覚で完食しました。
・・・考えてみたら、私も期間限定の何かにすれば良かったのかしら!?!?と後悔もちょっとあるんだけど、
次回は、是非ランチをいただきたいところです。

横手方面から、みずほの里ロードをバイクで来た弟は、「そんなのあったっけ?」と目に入らなかったらしい。
そんな弟は、フレンドールから
しっかりメロンパンを買ってきてくれました。

うーん、おいし☆☆☆


コメントする

誰かいるシアワセ。

弟と2人暮らしat 一軒家は、
今年の4月で3年目を迎えるのですが、
やっぱり、家に帰ってきて、誰かいるとうのは幸せに思えます。

このセリフは、新婚夫婦の夫がいうセリフなんじゃ・・・と、
言われそうなのですが、本当そんな感じ。

家に帰ってきて、電気と暖房がついている、そして夕ご飯の支度まで!!
はっきり言って泣けます。
さらに、家周りの雪かきなんてしてあるんだもん。
遅番終わって帰って23時近くに、屋外駐車場に私のアクアがすんなり停められるのも、
弟のおかげです。

だから、先週末みたいに弟が大館に泊まりで仕事なんていうときは、
本当にいろいろ大変でした・・・やること多くて。
アパートのような狭い家ならともかく、一軒家だといろいろかかるんです。

逆に私が休みだと、部屋のあちこちを掃除するし、
たまに外食に連れて行ったりして、御機嫌をとります。

相利共生しながら生活しているんだけど、
私も弟も雇用が安定しないのが玉にキズ。

先々不安になりつつも、姉弟何とか暮らしています。

今年の3月で今の契約が終わるんだけど、その先は未定。
冬来りなば、春遠からじ・・・。
私の冬は一体いつ終わるのかしらー!!


コメントする

お盆エクササイズ。

父が隠居している角館に、このお盆休みを利用して行って来ました。
母は1週間くらい前から向こうに滞在していて、
弟も私と同じように仕事休みを利用して今回帰省したので、
久しぶりに家族がそろって、2泊3日大騒ぎ状態になりました。

お墓参りの準備やお供え物の準備、
畑の作物への水やりやその収穫、
兎に角、普段体験できないような、まさに井上陽水の「少年時代」状態でした。

お米10㎏とスイカの持ち運び、
汲んできたわき水が入った10kgタンクの持ち運び等で体力的にバテたのと
迎え火焚くためにたった15分外に出ていただけで、2か所さされ、
地域の花火大会で1時間外にいただけで、服の上から2か所さされ、
昨日はツバメの巣立ちに立ち会うことができ感動して、
今日は、ヘビが家の玄関でにょろにょろしていたのにビックリギョーテンして、
体力的にも精神的にも、表現できないくらいの非日常体験が続きました。

明日から私が仕事のため、一足お先に帰ってきたのですが、
気が重いな~・・・。

重いと言えば、このお盆期間中に1kg太っちゃいました。
生理も近いせいで、カラダが重いんだけど、
いろいろ近づいてきたので、気力フル装填して、楽しんじゃいます♪


コメントする

年甲斐もなく大喧嘩。

おとみと大喧嘩しました、それも20年ぶりくらいに。

私の荷物を段ボールに入れたまま、
パソコンの隣にずーっと置きっぱなしだったのが目ざわりだったようで、
勝手に解体されて、片づけられていました。

片づけるなら片づけると言ってくれれば、何とかしたのに、
それも人がいない間にされたもんだから、怒り爆発。
どこにやっただの、なんちゃらかんちゃら大騒ぎして、
やっと出してもらいました、それも投げつけられたので、
頭にきて、大声はりあげて、そのへんにあったもの全部ゴミ袋に入れて、
「捨てればいーんでしょ、捨てれば」みたいな捨て台詞をはいて
昨日は19時あたりから部屋にこもりました。

おとみは、
「事前に言わずに片づけた僕も悪かった。ごめんなさい。」と
はっきり謝ってくれたものの、虫の居所が悪くて、
顔を合わせる気にもならず、現在に至ります。

事情を聞いた母から、説教めいたメールが延々届くし
すべてがうまくいかないときは、やっぱり何をやってもうまくいかないようです。

はぁ・・・気まずい。
今までどうやって仲直りしてきたんだっけ。


コメントする

好みとタイミングは重なる。

母が週末、太極拳の講習会があるとかで、
こっちに昨日から来ています。

で、ロールケーキを買ってきたらしく、
冷蔵庫にあった箱を開けてみると、
ロールケーキを1カットずつしたものが
3個入っていました。
・・・しかも全部同じもの。

最初は「えーっっ」と思いつつ、
その大きさにビックリしました。
幅にして4cm程度、高さにして7cm程度のまあるい
1カットされたロールケーキは、
バタークリームとモカクリームが混ざったような私好みのクリームで、
クルミが入っていて、スポンジもおそらくコーヒー味かな・・・。
食べていても飽きずもたれず、
見た目のデザインはともかく、味がFantastic!

オシャレなパティスリーもいいですが、
老舗菓子舗もやっぱり良いモノです。

とは言え、
「ケーキ食べたいな~」と思っていた矢先だったので、
何か聞こえていったのかしら?
3日前は、弟とお菓子の購入が重なって、
ポテトチップスとベビースターが一気に増えてしまいました。
おそらくすぐなくなるとは思うけど。

年を経るごとに、
家族の好みとタイミングが重なってくるようになったのは、気のせい?