mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

青春songs on the radio。

先週の金曜日、1月10日は午後出勤でした。
NHKラジオをつけながら走行中、
たまたま放送されていた番組が
平成14年から16年のヒットソングでした。

まさにその当時、
やっと仕事を覚え、担当を持たせてもらって
喜怒哀楽がたくさん詰まった時間を過ごしていたため、
どれもこれも思い出深いモノばかり。

ちなみに
森山直太朗の”さくら(独唱)”から始まり、
一青 窈の”もらい泣き”、
平井 堅の”瞳を閉じて”
平原 綾香の”Jupiter”

スラスラと歌詞が出てくるあたり、
どれだけカラオケに通って歌ったかがわかります・・・。

それを思えば、
ここ5年くらいの流行曲、歌手の移り変わりが激しくて、
ヒット曲を並べられても、3年後先、いや10年後先も
表舞台に残っている歌手はどれだけいるだろう。

しかも個人的に思うことは、
最近の曲のわざと難しくしているようなメロディーラインが
ますます印象に残らなくしている!
時代の流れなのかしら。


コメントする

着信メロディ。

仕事帰りのラジオで、「朝1番にすることは?」をテーマに
ラジオ視聴者から寄せられていた投稿を紹介していました。

お手洗いに行く、猫にエサをあげる、朝ご飯を作る、水を飲む、
目覚まし時計を止める、二度寝する、メガネをさがす等、
朝ならではの光景がそこに広がるようでおもしろかったんだけど、
「着信メロディを止めること」と投稿した人が
「ランダムに着信メロディを設定していて、自分の好きな曲が鳴ったらその日ラッキー」と
着信メロディ占い状態にしていることに、私は興味津々!

「あ~、そんな手もあったのね。私もやってみようかな。」と思って、
着信メロディを調べてみたら、携帯本体にダウンロードした着信メロディが104曲入っていて、
着うたは5曲入っていました。
しかも、着信メロディダウンロードサイトのライブラリーには600曲も過去にダウンロードした曲が入っていて、
もしこれをランダムにしたら、何が何だか、ムシャクシャしながら起きること必定なので、
現状維持ということでやめることにしました。

現在は、血の気の濃い曲!?が朝から鳴り響くのですが、
SIAM SHADEの1/3の純情な感情、
クリスタルキングの愛をとりもどせ、
trfのEZ DO DANCE、
安室奈美恵のCan you celebrate? と続きます。
この合間におばあちゃんの形見の目覚まし時計が鳴るんです!
ちょっと前までは、ワンダフルガイズやペガサス幻想流していました・・・。
メロディラインがしっかりしていて、ハーモニーがすばらしーんですもの。
もちろんリズム感もあって、朝からがんばろうって気になるもんね。
現在の普通の着信メロディは、
音声着信→B’zのいつかのメリークリスマス、
メール着信→Dreams Come Trueのウィンターソングが流れるんだけど、
クリスマスが終わったら、GacktのLast Songに切り替えます。
7年くらいかなぁ、GacktのLast Songが冬に合っていて好きなんです♪

ちなみに私が朝イチにすることは、目が覚めて、時間確認だね。
お手洗いも水飲みもその後です。


コメントする

のだめと私。

のだめカンタービレの映画公開が今日からなので、
テレビで以前に放送した特別編を昨日、今日の2日間放送中。
 
エレクトーンを習っていたし、
吹奏楽部だったこともあって、音楽知識は人並み以上にある(自称)つもり。
私のケータイに電話をかけると、メロディコールでクラシックが流れます。
最近は「ランダム」にしたので、どうなっているかわからないんだけど。
 
ベートーベンの交響曲第5番とモーツァルトの交響曲第5番と第40番好きのこのワタクシ、
○○がシャガールとダリを説明できたように、いきなり解説できる人が現れたら・・・きゃーん☆☆☆
 
漫画は途切れ途切れでしか見たことがないんだけど、
テレビドラマは当時すべて見ました!
しかも、そのとき一回だけ!?デートした人とものだめ話で盛り上がったこともありました。
・・・その彼とその後どうにもならなかったのは、やっぱり何かが私の中でアウトだったんでしょう・・・
 
私の好きなクラシックがベースで、しかも恋愛コメディ、さらにさらに玉木 宏が出ているとなれば
もう見ていてはにゃーん☆☆☆
ロケ地も今回はフランスでクリスマスだったから、雰囲気も加味してfabulous!
 
映画は来週の日曜日、友達と見に行くことになっているんだけど、
これは今から楽しみです。
玉木 宏のインタビューを読んだら、「チェコが特に気に入った街」と出ていたので、
プラハに住んでいるHanaもいることだし、これはいつかチェコ化作戦実行だわ♪
 
のだめシリーズは、特にドラマと映画なんだけど、
のだめが着ている洋服がかわいいのでお気に入り。
ブリティッシュトラッドをベースに、フレンチカジュアルもしっかり入っているので、
私のセンスって海外で通用する!?なんて思っちゃったり。
 
元気がないとき見て、元気になるもの、
それが私にとっていい作品!
うーん、楽しみ。


コメントする

ロッカーな日々Part Ⅱ。

昨日の今日ですが、
イライラ感はまったく収まる気配なし。
 
しし座流星群は、11月24日(火)あたりまで見えるとのことだったので、
まだまだ見える可能性があるせいか、気分は沈静化。
 
ところが、職場に起因するイライラ感は、
職場に行くたび思い出し、今日は、西太后以外の以外の発言にもキレそうで、
余計なことを言わないように、会話が続かないように、
おしゃべりしないように止めるのが精一杯でした。
 
しかも居残りだったので、
帰りは自転車こぎながら、つぶやき反省会。
 
今月のゲームをクリアしてしまったので、
気分転換兼ストレス発散材料がなく、
久しぶりにロッカーな日々を大音量にして聴いています。
以前もドリカムとJAY’EDを繰り返し聴いている状態でしたが、
それにプラスして、
T-BORANの離したくはない
氷室 京介のKiss Me
SIAM SHADEの3分の1の純情な感情
T.M.RevolutionのHeart of Sword
L’arc en Cielのthe Fourth Avenue Cafe
T.M.RevolutionのHigh Pressure
氷室 京介のStay を
ほぼ毎日、2セットずつ。
 
どれだけ1990年代の音楽がビートが効いていて力強かったか、というのを
思い知らされているのですが、
自分の鼓動とリンクして、ノリノリ~♪
 
いやなこと忘れて、このままお風呂にダイブー☆
お風呂で聞くようになったら、おそらくお風呂時間もっと長くなるでしょう。


コメントする

アットホームな音楽発表会。

今日は、こーきさんの音楽発表会!?を聞きに、
みちこちゃんと行って来ました。
 
トータル、彼のコンサートには通算5回以上行っているのですが、
いつか聞いたときよりも、上達した感じでした。
選曲が良かったのか、彼自身の経験がモノを言わせたのか、
とにかく笑うことなく聞けました。
・・・ただ、声が上ずったところは何か所かあったんだけど、
良しとしましょう。
 
第1部は、サウンド オブ ミュージックのメドレー。
昔、みちこちゃんとカラオケで歌ったサウンド オブ ミュージックの曲目ということもあり、
なんだか再び偶然が再燃した感じ!
 
第2部は、クラシックからオペラからシャンソンから
とにかく独唱で有名どころの曲目が並びました。
肝心のこーきさんの歌ですが、
「最後の歌」を歌いました。
その説明が「好きだった女性が別の男性と結婚することになり、でもまだ彼女を愛している」みたいな
別れの曲なの・・・ちょっと、選曲間違ったんじゃないの!?と
私は思ったのですが、何か未来を暗示するのかしら?
 
さらに、「男と女」。
これは映画で有名な曲だけど、うーん・・・やっぱり愛に目覚めると、途端に選曲がそれ路線になるのね!?
 
第3部が、すごく良かった。
これは地元中学校の吹奏楽部の皆さんが演奏したんだけど、
なんだか昔を思い起こさせました。
私も吹奏楽部だったので、彼らの気持ちがよくわかり、
練習も大変だったけど、お客さんが乗ってくれたときほど、うれしいこともないから、
思わず手拍子しまくりました♪
MCを必死にカンニングペーパーを見ながらやった中学生2人、将来大物になること間違いなし。
その必死さが笑いをとっていたんだけどね。
 
そして8年ぶりに、「県民歌」を歌いました。
今歌ってみて、なかなか良い歌詞だということに気づきました。
 
会場には、やっぱり知っている顔がチラホラ。
会場を去るとき、入り口で出演者がお見送りしてくれるんだけど、
こーきさんに声をかけたら、
みちこちゃんを出演者に紹介しようとこーきさんが・・・
でも、「みちこちゃん」に気づいた出演者たち、「この子が!」みたいな視線を送り、
みちこちゃんは、「早くいこっ!」と私の手を引っ張り、私はあ~れ~状態であっという間に
会場を後にしました。
 
あとで聞くと、
みちこちゃんはこれまでも、
自分は知らないけど、向こうが知っているというという紹介パターンがいくつもあったようで、
しかも今「Complex situation」なだけに、
フライングがお気に召さないみたい。
 
ま、その話は置いておいたとしても、
やっぱり生演奏はすばらしい!!
交響楽団の演奏、前向きにチケット購入検討中。


コメントする

Everybody&その先へ。

先週の土曜日から、
You TubeでJAY’EDの「Everybody」とドリカムの「その先へ」を
おそらく繰り返しで50回は聞いています。
JAY’EDの曲は、au Smart Sportsのコマーシャルで流れていたのを聞いたとき、
空間を感じるハーモニーとテクノチックなメロディがすごく新鮮で、
来週の発売を待てずに、気分高揚維持にYou Tubeで聞いています♪
 
ドリカムの曲は、言わずと知れたドラマ主題歌。
こちらはメロディもハーモニーも壮大な広さを感じました。
広がるー!広がっていくー!!どこまでもー!!!というような。
ミュージックビデオのその映像が撮影された場所は海の上の換気施設、「風の塔」 in 東京アクアライン。
大海原に浮かぶ孤島のようで、なんだかスケールの広さがか感じられます。
それに、ハモリがすばらしい。
吉田美和さんの声を消さず、でもしっかり聞こえて、支える「影」のようなハモリ具合、完璧です。
 
両者とも、古典的なスタンダードな、メロディとリズムを感じます・・・。
 
気分が乗らないとき、不安なとき、やっぱりアップビートな曲は重要です。
こんなとき、ベルディは聞きたくないな~・・・。


2件のコメント

B’zな日々。

もともとB’zの曲が好きです。
大学時代は、おきぬちゃんからCDを借りてよくダビングしまくったものですが、
去年の年末に、ゆみこさんからB’zのベスト版Urtra Pleasure とUrtra Treasure、
合計4枚のCDを借りて、パソコンにダウンロードしたら、
このロッカー気分がたまらない!
 
どれが1番なんて言えないんだけど、
メロディ、ハーモニー、リズム、どれをとってもサイコー!
 
朝起きて、この音楽を聴いたらすぐにフルスロットルになるような
そんなギア変換できます。
ま、朝からパソコンは起動させませんが。
 
ベートーベンで言えば、第5番。
モーツァルトで言えば、第5番と第40番のような感じ。
景気よく最後まで突っ切る爽快感。
 
私がもやもや最近しているから、そんな爽快感、欲しがってるのかも。