mariconize

喜怒哀楽人生が私のすべて。


コメントする

ホームシックと私。

10日間少年の船。
1か月ホームステイ。
1週間海外出張。
2週間研修。

家を離れることは多々あったけど、
ホームシックにならなかったのは、
帰る日時が決まっていたから。

それがどうだろう?
2週間前に契約社員とはいえ、
転職先が決まり、東京で一人暮らしするとなった途端、毎日泣き始めるようになり、現在完全にホームシック!

東京は何度も来ているし、
友人も住んでいれば、ちょっと離れたところに親戚もいる。

帰ろうと思えば、海外ではないから、頑張ろうと思えば帰れる距離なのに、この寂しさは経験した比じゃない!

ばあちゃんと同居したこと、
母さんと交代で大学病院に見舞いに付き添ったこと、
家族でアメリカ旅行したこと、
母さんと、おとみとご飯食べに行ったことなど、
社会人になってから経験したことが、
家族のありがたさ、良さを改めて再認識させて、
実家を離れるツラさを助長したのでした。
36歳にもなって、泣きながら寝てるし、今でもブログ書きながら、電車で泣いてます。

おとみは、
「時が解決する」なんて、金言を言うんだけど、うぇーん、そういうのが泣けるんだ!

寂しいし、不安。
これだから結婚できなかったんだ!と
納得できるところもあるけど、
やっぱり家が大好き☆

そんな家庭を作ってきた両親には、感謝しても感謝しきれない。

広告


コメントする

試練の年には必ずつきもの。

実は、今月いっぱいで現在の職場を退職します。
請負業務だったんだけど、所属先の会社が落札できなかったという事情によるものです。

4年前は、「9年も勤めていたので、失業保険をもらいながらゆっくり探そう」と
暢気に構えていたのですが、さすがに来週誕生日が来て、36歳ともなれば事情が違うもの。

実はまだ両親に話していなくて、
できれば次が決まった時点で、知らせたいんだけど、先週応募したところから
「祈念メール」が届き、ちょっと落胆しているところです。

さらに、一昨日歯医者に行ったら、
何と恐れていた事態が!!
左上の親知らずが虫歯になっていて、いずれ抜かなきゃいけないことが判明。
機械が届かない、本当に粘膜近くの場所。
来月以降は、消費税も上がるし、自分自身も保険証が変わるリスクもあって、
今月中、それも1週間後に抜歯することにしました。
小さいとき、抜歯にとても怖い思いをしていて、それがトラウマ。
海外に1人で行くよりも怖い。

厄年のときに、横転にも関わらず自損事故で無傷。
その1週間後に東日本大震災が起きても、幸運にも私は何とか生きながらえることが。
それを考えると、今回も何とか自分自身で切り抜けたい。

去年から、まわりで結婚・オメデタラッシュが続いているんだけど、
やっぱり結婚できているみんなの職場は、変わっていないんだよね。
職が安定しない限りは、将来設計なんて難しい。

父さん、母さん、不出来な娘でごめんなさい。


コメントする

冬のオリンピックと私。

冬のオリンピックは、どうやら「鬼門」らしく、
今年のソチオリンピック期間中には、来月で現在の職場を退職することが決定。
その前のバンクーバーオリンピック期間中にも、同じようなことが起こり、
現在の職場に勤務することが年度末も差し迫った3月25日前後に決まったんだけどね。

結果的に私の所属先企業が、現在の業務を「請け負わなかった」とのことになるんだけど、
いよいよ、私も本腰を入れて転職活動をしなくてはいけなくなりました。
12月に不採用になってから、ネットで転職スカウトに登録したこともあり、
求人メールをもらうんだけど、自分のやりたいのとは程遠く・・・。
いや、これまでの経験をどう活かせるんだ!?と疑いたくなるような業界ばかりで。
ま、自動的にコンピューターが送っているから仕方ないことなんだろうけど、
年齢が年齢だけに、長く働ける環境を希望。
さらにできれば、海外とつながる仕事を希望です。
もっと言うなら、現在夜勤もあった環境だったので、勤務時間が決まった会社ならなお良し、です。
(→22:00以降は働きたくないのです、簡単に言うと。土日休みなら頑張るけどね。)

今年は、年女。
駆けて駆けて、その先に目指すゴールがあることを信じて。


コメントする

バレンタインデーのブルーベリーマフィン。

ほとんど毎日寝不足です。

もちろん、それと言うのもソチオリンピックを毎日見ているから。
メダルを取る瞬間、やっぱりLiveで見たいわけですよ。
4年後は、もしかしたらオリンピックどころじゃないかもしれないしね。

先週、ブルーベリーマフィンを焼きました。
メル友の彼に送ることを第一目標に、何を作ろうか考えていたんだけど
「ハロウィンのチョコレートをまだ食べてない」と、
11月末くらいに聞いたこともあって、
去年はフォンダンショコラだったから、
今年はチョコレート系をやめようと早々に決めていました。
そこでたどり着いたのが、クッキーかパウンドケーキ系。
甘いのがあまり得意じゃないのも知っていたから、
菓子パン系だったら、甘くてもイケるかもと、考えてマフィンにしたのでした。
・・・簡単そうだったし。

試作品が思いのほかうまくいって、
粗熱が取れるまで「まだ食べないで」と、紙を貼っていたら、
弟に「いつ食べれるの?」と、聞かれる始末。
「そうかぁ、おいしそうに見えたか~☆」と、
内心超うれしくて、まずは早速メル友の彼に送っちゃいました。
最近、仕事が忙しいようで、あまり相手にしてくれないのでね、
送ろうか、送るまいか迷ったんだけど、
やっぱり食べてもらいたかったから♡きゃーん♡♥♡
それは、2月12日(水)のお話。
素人でも作れるその秘密は、ホットケーキミックスを使うこと!
レシピにはマーガリンとあったけど、自宅にあったマーガリンでは足りなかったので、
お菓子用バターをミックスして作りました。
ブルーベリーは冷凍ものをたっぷり使用。
さらに、ヨーグルトも結構たっぷり。
脂っぽくなかったので、パクパクいけちゃったのよ、我ながら。

で、残りの材料で、13日(木)に再びマフィンを焼きました。
それも、フィギュアスケートでの男子シングルのショートプログラムが放送されている間!
だって、日本人選手が出てくるまで、長くて長くて。
でも、今度は登場したらテレビに夢中になり過ぎ、焼き色が付きすぎてしまいました。
それでも、個別に包んで、14日(金)には職場スタッフにあげました。
来年は、みんなにあげられるだろうか・・・。

一昨年、自宅のオーブンレンジの癖をつかんで、使い方をマスターしてから、
この時期必ず作るようになったお菓子。
時期を選ばず作るようになれば本物なんだけどね。

で、昨夜メル友の彼からメールが届き、今日は一日中、にやけてそう。
味の感想がなかったため、「そのまま食べたのでは!?!?」と、
メッセージに「レンチンしてね」と、書かなかったことをちょっぴり後悔したんだけど、
1週間ぶりのメールだったので、今日はうれしさに浸ることにします。


コメントする

ソチオリンピック一考。

ソチオリンピックが開幕。

土曜日の仕事が休みだったため、
金曜日の深夜からほぼ明け方まで見ようと意気込みました!
ところが、キリル文字順のスタートだったため、
日本が開催国ロシアの直前の入場・・・つまり終わりから2番目。
途中、寝ちゃってました。

それでも、
オープニングセレモニーやパフォーマンスは
ロシアの高い芸術性を存分に見せつけたとの個人的な印象でした。

夏のオリンピックと異なり、出場国も開催競技も少ないんだけど
だからと言って、メダルが獲れる確率が上がるわけではないよね!

夏の競技と比べて、どれだけ冬の競技に理解を示す
企業スポンサーがいるだろう。
雪がない夏を、気温が上がる夏を、充実したトレーニングで過ごせる選手は
どれだけいるだろう。

「メダル10個以上」が目標なんですって。

かなり高いハードルにしか思えないんだけどな。
5個も取れればいいのでは、とさえ感じます。

海外の選手は、やはり本番に強いのよ。
どんなに予選が悪くても、決勝には実力をきちんと発揮するワケ。
底力というか。
練習環境は・・・どうなんだろう。
少なくても日本よりは整備されているような印象は受けるけど。

競技種目により、体格差で有利・不利がわかっていたとしても、
選手は精いっぱいベストを尽くしている姿が伝わってくる。
それなのに「メダルは~」と、
毎回毎回プレッシャーをかけるのはいかがなものかしら。

「選手育成に多額の費用をかけている」
・・・確かに、税金をかけて遠征費や練習環境の整備、
国際大会の誘致などを行っているのはわかるけど、
お金をかけたからと言って、必ず希望どおりの結果になるとは限らないんだよね。

オリンピックを見るたび、
練習どおりの結果を出すのは難しいと改めて感じます。
それだからこそ、あの「金メダル」にはやはり金以上の価値がある!

まだ始まったばかりだけど、
選手の皆さんにはぜひ普段どおりのペースで臨めるよう頑張ってほしいです。


コメントする

さっちゃんの結婚式。

さっちゃん(田口さんと呼べないので)の結婚式に行って参りました。

年齢が1歳違いという近さもあって、
何から何まで興味津々でした。
しかも気を遣ってくれたのか、
テーブル席が真正面で、よく見えたのです!

プロジェクターで紹介はあったものの、
りょーこちゃんのときみたいに、
写真集のづくしではなかったし、
いとこの結婚式みたいに
カラオケやらダンスやらパフォーマンスの余興がなかったので、
とてもシンプルでした。
とはいえ、ばっちり3時間以上かかったことは事実です。
新郎のワガママで!?、お色直しが1回増えたとのことだったけど、
それでも新郎新婦とゆっくり話せる時間があって、
天井が高くない分、こじんまりとした会場だったので、
とても近い感じがしました。
カラードレスの色を当てるクイズなんて、オシャレだなぁ。

料理はお腹いっぱいになるくらいの地元食材のフレンチフルコース。
お花はピンクピンクピンクづくし♡
カラードレスはピンク、ブルーだったね。

さっちゃんは、入場した時点ですでに涙目。
あいさつするのも涙声・・・こちらもつられてもらい泣き。
これまでを振り返って感慨深いんだろうなぁ。

いろいろと参考になることばかりでした。
それをいつ発揮できるのかと言えば・・・いつかなぁ。

二次会もフロアを変えて同じ建物でやりました。
お友達が増えたので良かったけど、
旦那さんの同僚にはずいぶん独身者がいて、
それもみんな・・・ちょっとおかしい・・・。
公務員だから仕事にはこまらないけど、
旦那さんと同い年、あるいはそれ以上なので、
意外とプライドが高く、ところどころにバカにしているニュアンスが。
それだから独身なのか・・・と思えば、
「何かおかしいから、私も独身!?!?」・・・自分も考えさせられました。

年齢が年齢だけに、ブーケトスはなく、
お開きの出口で、独身女子だけに、片手に乗るくらいの
生花のプチアレンジメントをくれました。

今年こそ「私も絶対結婚します!」と決意した瞬間でした。

それにしてもヘアアレンジ、
今回も崩れにくくて、頭も痛くなくて、とてもよかったです。
「メンバーがかぶらないし、(りょーこちゃんときと)同じ服装なので、
同じ髪型でもいいですよ」と、伝えていたのですが、
そこは、やはりプロ。
半分同じで半分異なるデザインにしてくれました。


コメントする

風邪なんて。

「バカは風邪引かない」

誰がこのフレーズを思いついたんだろう。

それはともかく、
先々週、父が風邪を引いたとのメールを母からもらったんだけど、
その母も先週風邪を引き、
今度は弟までもが風邪を引いて、
珍しく昨日仕事を休んでいました。

翻って私は、というと
転職して今の職場になってから、寝込むほど、熱が上がるほど
風邪を引いていないのです!
1日だけのどが痛いということはあったし、
鼻水が止まらない日もあったし、
冷房病になったこともあったけど、
私のアズールの事故を除けば、皆勤賞です。
家にあった風邪薬は、既に使用期限をとっくに過ぎていました。
弟はどうしたのかしら?

それを思えば、
なんとなく無意識のうちに体に気を遣っているのかも。
いや、やせて健康的になったからかな。
・・・乾燥によるかゆみと、寒冷じんましんがなければ
なお良いんだけどね。